損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/9 目標が見えてきました
日経平均の2万円到達が、いよいよ現実的になってきましたね。
おそらくは、ここが日経平均のいったんの大きな目標です。
2万円に到達したところで、何が起きるのか、何も起こらないのか、
ちょっと確認しておきたいところですね。

念のための確認ですが、
TOPIXも、今日になって直近高値を更新しています。
日経平均だけの話ではありません。
とりあえず、高値更新は全体的なトレンドだと言っていいと思います。

で、2万円到達で起こりそうなこと。

①到達したところで、反転下落。
②一気に突き抜け上昇。
③しばらく持ち合う。

と書いてしまうと、上がるか下がるか持ち合うかなんだから、
まあ当たり前じゃないかという話なのですが、
注意したいのが、急騰、急落です。

2万円を抜ける場面では、「さあここから買いだ」という人たちと、
「もうここで利益確定だ」という人たちと、
どちらの規模が大きいのか、というのがポイント。

何とも予測などできるものでもありませんが、
2万円という切りのいい数字のラインなので、
この二つの勢力があるとして、差がついてしまうと、
ちょっと一方的になる可能性もあるなあと思っているのです。

それだけ、多くの人が、このラインに注目しているわけですから。
マスコミも含めて、一般の人にまで知れ渡るくらいの規模に
なっていくと思うのです。

ただ、売りもあくまで利益確定売りですから、
一巡したら、また上昇に移ると思います。
なんといっても、今の日経平均は上昇相場なんで。

こういう状況になってくると、
昔のバブルのように、「何を買っても大丈夫」という空気に
なりがちです。
特に、これまで株などやったこともなかった人は、
もともと、ノウハウも何もない中ですから、
とにかく買う、というような行動に出る可能性はあります。

そこには、損切のラインもなく、利益確定の目途もありません。
あるとしたら、特に根拠もなく、1.5倍になったら売る・・・とか、
○○円になったら売るとか、そんなところでしょう。

2万円以上の日経平均の相場は、そういう意味で、
少し趣を変えてくる可能性もあるのです。
一般人が良く名前を知っているような銘柄も、
同じような傾向にあると思います。

それでも、私には、チャートがついています。
何をやったらいけなくて、何をやるべきか、
それなりに判断できるチャート上の分析力も持っているつもりです。

なので、びくともしない・・・。

本当に、そう言いたいくらいです。

証券会社が、一般投資家向けに語るような文句は、
一切気にしません。
私は、私の論拠でトレードするだけです。

ダメなときは、損切りがあるのですから。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1206-d6c66e3d
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック