損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/23 買い相場
どうやら、2万円抜けの大相場がやってきたようです。
個人のトレーダーとして、利益を出しやすいのは下降相場の空売りですが、
相場全体としてみれば、大きな相場はいつも買い相場です。

そして、大きな相場というのは、いつも個人がうまく行かない相場です。
これは当然のことで、個人が買い相場で儲かってしまうと、
プロの儲けがその分少なくなるからでしょう。

プロは個人投資家をはめようとかしているわけではないと思いますが、
ある意味、個人トレーダーはプロの言いなりに投資していると思えば、
そうそうおいしい話をもらえるわけはありません。

その分個人トレーダーは、自分で頑張らないと、利益も取れないと
いうことなのだと思います。

きちんとチャートを見ていれば、
そしてきちんと仕掛けと仕切りをするならば、
どんな相場でも、そこそこの成績で駆け抜けていくことはできます。

そして、そのそこそこの成績と言うのは、個人の視点からしてみれば、
十分な利益につながるものです。

個人トレーダーは、一生懸命やってもいいし、休んでもいいし、
止めてもいいのです。そういう自由があるから個人なのです。
でも、個人であるがゆえに、変に無理してしまうこともできるのです。
そして、誰もかばったり代わりに責任をとってくれたりはしません。

相場には、絶対の法則がありません。
だから、日常感覚で言うところの、やったりやられたりが頻繁です。
この頻繁さを当たり前と思わないとやっていけません。

今の相場もそうです。
2万円の大相場と言いましたが、
すでにボリンジャーバンドの+2σだと思えば、
上昇余地はないじゃないか、というような向きがあってもいいでしょう。
やったつもりがやられてしまう可能性だって十分にあります。

私は、この+2σラインが株価を引っ張るように、
あるいは、株価が+2σラインを押し上げていくように展開する
イメージを持っています。
でも、それが正しいかどうかなんて、だれも判断できません。

下落してしまうなら、その時はその時なのです。

だから、自分の決まりを守るしかないのです。
そこをたがえてしまえば、何も根拠がなくなります。

もし、自分の決まりに、不信感を持っているなら、
トレードはしにくいと思います。

でも、それは、一朝一夕にはどうなるものではなく、
不断の勉強、トレーニングによってしか、解決できないことだと考えます。
がんばるしかありませんのです。

どんなにいい相場でも、それをつかめる力をつけておかないと、
どうしようもないということなのです。
簡単に、相場に入ってはいけません。
簡単に、退場させられることになりますから。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1223-809b4917
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック