FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/14 できないことにはチャレンジ?
特殊な状況があるとき、特殊なルールで対応できるなら、
それはチャンスです。
そこで日常の基本ルールに従うことはありません。

ですが、対応できない特殊な状況もあります。
そのひとつが、乱高下の持合いです。
収束の持合いやレンジの持合いは、基本はブレイク狙いと
ダマシへの対応です。
ブレイクはチャンスですから、対応するより仕掛けです。

しかし、チャートの波動が上に大きく行っては、
下にも大きく下がるという波動では、基本では、成すすべがありません。
一応、「末広がりは売り」というジンクスのようなものはあります。
が、根拠も薄いとは思っています。

高値更新は、買いのパワーが強いことを示します。
安値更新は、売りのパワーが強いということです。
その高値更新と安値更新が、交互に来たのでは、
トレンドにならないということなのです。

日経平均では、そうそう多くはありませんが、
個別銘柄では、毎日毎日乱高下している銘柄があります。
ローソク足が長く、ヒゲも長いチャート。
それが毎日続いているチャート。
こういう銘柄には、したがって、対処の方法がないのです。

少なくとも、私が勉強した手法ではどうしようもありません。
だから、やりません。
そこはチャートで判断できることなので、
こういう銘柄に引っかかることはありません。

でも、チャートを見ずに取引している人などは、
どこかで引っかかってもおかしくありません。
それはそれで、厳しい話です。

まあ、乱高下はリスキーではあるが、儲けのチャンスでもあるのだから、
積極的に参入していくという方針のトレーダーもいるでしょう。
その背景には何らかの手法を持っているのかもしれませんので、
一概にいうつもりもありません。

大事なことは、トレーダを続けていく限り、無理をしないということです。

無駄な動きはしないし、無駄なチャレンジはしない。
一度でもやってみてしまうと、いつでもやるようになります。
大数の法則にのっとって利益が積み上げられていくトレードの世界では、
「一度」は「無限」と同じです。

できることだけをやる。それだけでも大丈夫なのだから。
手を伸ばす必要なんてないのですよ。

その辺が、普通の仕事と違うところなのです。

昨日に引き続き、ちょっと現実相場と関係ないことを書いてます。

いうなれば、心境の変化・・・なのですが。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1243-c60abb26
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック