FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/30 向いているとかいないとか
ちょっと、他の株のブログで、
「トレードに向いている人・・・いない人・・・」みたいな話がありました。
それに触発されましたので一言。

私の言いたいことは、結局のところ、
「向いているとか、向いていないとか、そんなのないですよ。」
ということなのです。

私の見たブログの書き手は、比較的若い方。
証券のディーラーをやっていたという方で、
大変な実力者だと思いますし、普段のブログ記事は、
本当に楽しいし、ためになるんです。

ただ、お若いだけあって、やはり人間観察には、まだまだなんです。

私はトレードに限らず、何かに向いているかどうかなんて、
相当に長い年月を経なければわからないと思っています。

そもそも、トレードに興味関心を示し、やろうと思った時点で、
その人は、トレードに向いているんだと解釈します。
根っから向いていない人は、そもそもトレードなどやりません。
興味がを持った時点で、もう第一段階はクリヤなんです。

そして、そこから勉強や経験を経て、次第にうまくなっていくのです。
上手くなる速さはあっても、それは、向いているとか向いていないではなく、
むしろ、要領の良さとか、人生経験が要因で、早い遅いが出るんだろうと
思います。
でも、熟達が早いから向いているとか、遅いから向いていないとか、
そういう問題でもないと思います。

次第にうまくなっていって、何年続くのか。
最終的には、そこなんです。

数か月で諦める人もいるし、3年で止める人もいて、
一方、5年10年と続く人もいるわけです。

長続きした人が、結局は「向いている」人なのだと。
そういうしかないんだと考えています。

これ、どんな職業でも、スポーツでもそうとしか言えないんです。
長続きする前に、「あなたには向いていない」なんて、
とても言えない。
性格や気質で判断するなんて、とてもできない話です。

1人の人間には、とても多くの側面があって、
他人が見たところで、いや自分で分析したところで、
すべてがわかるはずもありません。
様々な潜在能力が渦巻き、悩んだり落ち込んだり喜んだり、
色々な感情を持ちながら生活しているのが人間です。
ある一面があれば、それと矛盾する一面も持っているのが人間。

なので、「●●な人は、成功しやすい。」などと書いてみたところで、
何の意味もないのです。
「●●」なだけの人なんて世の中にはいませんし、
その人が持つほかの側面と、その「●●」の関わり方まで見ていかないと、
本当のことなどわかりません。
そして、そんなこと、できるわけもないのです。
そもそも、わからないんだから・・・。

従って、何か自分の職業とか行く末を決めるときに、
自分が何に向いているかなんて考えるのはナンセンス。

そうではなくって、やはり好きとか嫌いとか、そういうきわめて主観的な
事柄こそが大切で・・・。
自分で「性に合わないなあ」と思えば止めとけばいいし、
「これならできそう」と思えば、向かっていけばいいと思っているのです。

なので、もしトレードをやっていて、
「自分はトレードに向いていないのではないか?」などと
考えている方がいらしたら、悩む必要などありません。
トレードを生業にしている方々も、千差万別、十人十色。
共通点など、「トレードをやっている」ということくらいしかありません。

そんなことより、どうしたらうまく行くのか、そのテクニカル部分を、
懸命に勉強するほうがはるかに建設的です。

すいません、ついつい長くなりました。
どうしても書きたくなったので。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1258-2cfb0473
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック