損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/4 例外は無視
相場は本当に不埒で、なかなか型どおりの動きは見せません。
でも、細かく見れば不埒でも、まあまあ型どおりに動いている
銘柄も数多くあります。

重要なことは、これら型どおりの銘柄をきちんと型どおりに取れるか
どうかということです。
例外的な動きを見せている銘柄で大きな利益が取れたとしても、
それは、あくまで例外的な利益に過ぎません。

例外というのは、世の中で目立ちます。
例外だからこそ、非常に良く目立ちます。

でも、そこjに目を奪われていては、型を忘れてしまいます。

型を学び、型を持ったプレイヤーは、
型どおりこそ狙うべきであって、型を外れたものに
心を割いてはいけません。
時間の無駄ですし、利益も取れなくなるはずです。

結果だけで、個別銘柄の評価をすると、
ついつい、例外的な動きを重要なものとして扱いがちです。

私は、先生でもないし、研究者でもなく、業界最前線の人間
でもありません。
だから、新しい手法とか、創造的なトレードを開発する必要が
ありません。
そういうのは先生方に任せればいいのです。
それが仕事ですから。

第一、個人トレーダーにそんなことをする余裕も知見もありません。
自分の型を守ってひたすら進んで行くだけで十分です。
わき目もふる必要などありません。

少しでも利益が出てくるようになったら、ひたすら繰り返す。
さらに手を広げるなんてことをせず、ひたすら繰り返すように
イメージして実行するのです。

それがトレードのキャリアです。

今の個別銘柄の状況を見ていると、
ついつい、そんなことを考えてしまいました。

勉強はおおいに結構。
しかし、開発まで手を伸ばしてはいけません。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1263-2a463207
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック