損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/11 反発の意味
今日の全体相場の反発で、何がどうなったのか。
結局のところ、やはり、節目節目が大切ということなのです。

どういうことかというと・・・

日経平均は、今日は20,400円あたりにあるギャップまでの
上昇でした。
6月のチャートだけ見て何らかの節目を探すとすれば。
それくらいしかありません。
今日の日経は、その節目まで上昇して止まったということです。

一方、TOPIXを見ると、少し様子の違うチャート形になっています。
日経平均が5日移動平均線を楽々クリヤしているのに対して、
こちらは、かろうじて5日線を上回ったような形。

それは、TOPIXの節目が1650円という、
ちょうど5日線が来ているあたりになっていたからです。
TOPIXにとっては、1660円あたりにあるパーティションラインより、
この1650円の切りのいい数字の節目の方が大きく作用したのです。

チャートは、節目節目です。
節目をうまく見つけられると、トレードはやりやすくなります。

今回の(昨日までの)日経平均の大きな下落は、
結局25日線までで止まった格好になりました。
いったん25日線を割り込みはしましたが、
今日復活してきたのですから。

出来高も、この2日間に比べて今日は小さいのに、
それでも上昇したのですから、いったん売り圧力は弱くなったんだ、
と考えられると思います。
この2日間で、主要な売り勢力については、売りつくし状態になったんではないか、
という想像も成り立ちます。

さて、昨日出した3メジャー銘柄はどうなったかというと・・・

トヨタは、ここから、
75日線を抜けて再び上昇相場に持ち込めるかどうか。
75日線が下向きになりそうなところが怪しいです。
ただ、今回の下落で安値更新はしていないので、
なんとかその可能性は残しているように感じます。
トレンド転換していけるなら、希望ありですね。
一目もちょっと面白いところに来ていますので、
併せてみておきましょう。

セブン&アイは、トヨタと違って、チャート波動局面で、
下降が成立しています。
それでもまだ、下降相場入りしたとは言えない状態です。
なによりも、75日線がしっかり上向きなのがいいですね。

4/16の高値から引くトレンドラインを抜けるところが、
ちょうど25日線抜けにもなります。
ボリンジャーバンドも狭くなってきており、
爆上げ気味の上昇が見込める形でもあります。

ただし、チャート波動下降中のトレンド転換はダマシが多い、
というのも頭に入れておくべきです。

いずれにせよ、大きな動きがありそうです。

そして、ソフトバンク。
こちらは、75日線付近での持合いです。
7200円が割と強固な支持線になっています。
これも、ボリンジャーバンドが狭くなってきているので、
大きく伸びるのか、大きく下げるのか、
見どころ満載な感じです。

・・・
と、三者三様ながら、なかなか見どころのある形です。
考えながら見ておくと、本当にいい訓練になりますよ。
ただし、本気で分析してくださいね。

大事なラインがどこにあるのか、それを探すことで、
チャートの分析眼がクオリティを増してくると思います。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1270-049f42c1
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック