損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/14 典型的なチャートとは
スクール等でトレードを学ぶと、チャートは必ず出てきます。
そこで出てくるチャートは、典型的な教書的なチャート。

しかしながら、こうした典型的なチャートは、
現実の相場ではなかなかお目にかかることができません。

教科書に出てくるようなチャートというのは、
おそらくは年に1~2度お目にかかるかどうかというくらいの
出現頻度ではないでしょうか?

そんな事情もあって、教科書に出てくる典型的なチャートは、
最近の相場からではなく、1年前2年前のチャートから、
探していることも多いのです。

でも、そんなに典型的チャートが出てこないというのでは、
そもそも相場にはチャンスがないということではないか?
と思われるかもしれません。

そう。
その通りなのです。
相場には、そんなにチャンスはないと考えていいのです。

スイングトレードで考えた場合には、チャンスというのは、
感覚的には1か月に2-3度あればいいという感じ。
そうだとすると、年間だと24回から36回だということになります。

日経平均がどういうところにあるかによって、
チャンスの質は変わってくるのですが、
以下に、チャンスの種類について大まかに書いてみます。

(上昇相場)
・75日線を抜けていくときのチャンス。
・トレンド転換をするときのチャンス。
・高値パーティションを抜けていくときのチャンス。
・持合い放れのときのチャンス。
・25日線を割っていくときのチャンス(売り)。

(下降相場)
・75日線を割っていくときのチャンス。
・トレンド転換をするときのチャンス。
・安値パーティションを割っていくときのチャンス。
・持合い放れのときのチャンス。
・25日線を抜けていくときのチャンス(買い)。

爆あげ狙いのような例外的な狙いを別にすると、
おおざっぱにチャンスは、これですべて、全部で10個です。
あとはこれらのバリエーションでしかありません。

そして、それぞれのチャンスに、ふさわしいチャートの典型例が
あるのだと思います。

これらの典型例が年に1~2度現れるとすれば、
チャンスの数だけ10個の典型例があるわけですから、
年間全体で10~20回くらいのチャンスになるのではないでしょうか?

これと例外やバリエーションをも含めたら、
年間大体24~36くらいのチャンスの回数がある、というのは、
スイングのチャンスの肌感覚とも大体のところ合致します。

ということで、デイトレならまだしも、
数日間保持しようとか、トレンドを取ろうというスイングトレードなら、
毎日毎日チャンスがないのは当たり前のことで、
決して焦るべきではないのがわかると思います。

待つも相場とはよく言ったものです。
仕掛けるチャンスの時より、待っているときの方が長くて当たり前。

チャンスを見つけられない自分が悪い・・・なんて思うことはありません。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1274-dd095b1b
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック