損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/16 高値より現状維持
日経平均の伸びが、すでに陰り始めてしまいました。
ローソク足が、昨日との比較で持合いになったのはいいとして、
MACDが再び下に伸び始めてしまいました。

せっかく、上へ上へのトレンドができかかっていたのに、
ここに来ての逆戻り。
やはり、20,400円を抜けて高値を取るのは難しいのでしょうか。
あるいは、25日移動平均線あたりが居心地がいいのか。

ここのところは、高値切り下げ、安値切り上げで、
三角持合いのようになっています。
今日あたりが、その頂点にありますので、
明日以降、持合い放れということになるかもしれません。

上に抜けるのか、下に放れるのか、
例によって、よくはわかりません。

いくら、上昇相場だとは言っても、
今日のように25日線を割ったところで大引けというのでは、
勢いも感じないし、第一陰線ですし。
下に行くのを示唆するように終わられてしまった印象です。

我々素人は、こういう持合いの様相が濃い相場の中では、
本当にうまく立ち回るのは難しく、
何をやっても裏目に出るのが相場(文字通り”相場”)です。
スイングをやろうとするなら、トレンドの出始めをうまく捉えたいものですが、
ままならないのが、今の相場です。

待日こういう状態が続くと、
どうしても仕掛けられる銘柄探しが始まります。

そもそも無理があるのですが・・・。

矢も盾もたまらず、勝負したくなり、多少無理だとわかっていても、
座して死を待つよりはまし、とばかりに打って出てしまいがちです。

まあ、単に座している勇気がない、とか、ただのストレス解消、
といったことでの仕掛けにすぎないのですが、
当の本人もそうは思っていませんから、必死です。

何度も何度も、手を変え品を変え書き続けますが、
こういうときは、勇気のない人ほど先に動く、ということなんです。
動く方が勇気があるように見受けられますが、
それは蛮勇。
動かない方がいいのをわかっているのに動いてしまうのですから。

蛮勇のもとに動けば、どうしても一発勝負になりがちで、
結果的にはおそらく負けになります。

当たり前のことです。
無理に勝負を仕掛けているんですから。

ここは、ひとつ熟すまで待つです。

キーワードは、トレンド転換、高値更新・・・。
じっくり待ちましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1276-3fb9b7f5
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック