損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/24 覚悟、貫き
私はトレードにおいて、何度も大失敗をしてきました。
その結果として、トレードでは絶対に計画通りの損切りを
しなくてはならないと確信するようになりました。
それさえ外さなければ、
他のことは、まあ細かいことと考えるようになりました。

また、このブログを書き始める少し前までは、
色々なやり方があって、うまく行っている人の話は基本的に
聞いておくべきだと考えていました。
しかし、その後は、色々なやり方を知るのは、
うまく行っていない人にとっては、害にもなると考えるようになりました。

うまく行かない人は、なぜうまく行かないのか?
結局のところ、きちんと覚悟して言われた通りにやらないからです。
この「覚悟」というのが結構大事な概念です。
言い換えるなら、誰がなんと言おうと貫き通すこと、です。

覚悟がないと、次から次へとやり方を試みて、
参考書を読み漁り、何も身に付かないということになるのです。
トレードでは、ひとつのことを貫き通して一定期間を過ごすと、
小さくはあっても利益がたまっていく、という実感を得る必要があります。
そして、その小さな利益が、それまでの損失の山に比べて、
とても大事である、と学ぶ必要があるのです。

ところが、往々にしてトレーダーは、この小さな利益を甘く見ます。
今まで損ばかりしていたくせに、
小さな利益を小さいという理由で軽視するのです。
そして、より大きな利益を求めて、また別のやり方に戻って行きます。
あるいは、自分で勝手に工夫しようとしてしまいます。
自分で勝手に工夫すれば、
小さな利益すら取れず逆戻りするにも関わらず…です。

今週の相場、本当に私の想定外の上昇を見せています。
覚悟のないトレーダーは、こんなとき、とても損をしたように感じて、
慌てて買い銘柄を探しに走ります。
そして、小さな利益を確保して、「何とか間に合った」とほっとするのです。
そしてまた、どこか別の場所で大きな損失を抱えてしまいます。

今のこの上昇の値幅は、
私のやり方だと、ほぼ取ることができません。
でも、だからといって別のやり方を試みてはいけないし、
自分のやり方を修正してはいけないのです。

ここで、別のやり方をもって利をとることなど、
トータル利益の視点からはマイナスなのです。
そんなところに一生懸命に気を使うより、一途に計画通りの損切りを繰り返し、
トータルの小さな利益を大切にしていくことを守るのです。
情熱を傾けるのは、そこだと思います。

そこは、相場は相場、他人は他人、私は私、の精神です。

行く人は行けばいいし、
それが自分のやり方だという人はいるはずです。
何しろ多くの人が買っているから上昇するんですから。
そこは私も否定などしません。
私のやり方など、あくまで私のやり方なんです。

頑張って行きましょう!

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
お疲れ様です!
毎日更新されるの楽しみにしてます。このブログを読んでから風呂に入るのが日課になってます(笑)
儲かってる人を見ると自分とは全然違う手法にも係らず真似したくなる時があります。
でも損失が出るだけで全く巧くいかない。
当然ですよね?
自分のやり方に拘ろうと思います。
2015/06/24(水) 23:29:23 | URL | みんちゃん #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
みんちゃん さま

コメントありがとうございます。

私には、どうも今の相場が
きちんと見えていないのかもしれません。

そんな自信喪失感にさいなまれながらも、
ある種の経験値で、
「まあ、こんなこともよくあるよ・・・」と
余裕をこいています。

簡単な話で、分からなければやらないだけです。

そういう処世術的な考えが板についてきたのも、
相場をずっとやっているおかげです。

上昇しているときに、自分が何もできていないと、
本当にやるせなくなるものです。

でも、結構な数のトレーダーが同じ思いだと思います。

ゆっくりとトータルを考えて進むことですね!

またのコメントお待ちしています。



2015/06/26(金) 01:42:17 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1283-fed17c34
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック