損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/9 長い下ヒゲ大陽線
日経平均は、寄付きから30分程度で19,100円近くまで下落。
日足のボリンジャーバンド-2σを大きく下に飛出したまま、
5月の安値まで割り込み、どうなることかと思いました。

しかし、その後は上昇に転じて、
大引けではボリンジャーバンドの中に戻り、
昨日割ってしまった一目均衡表の雲の中にも頭を突っ込んできています。

長い下ヒゲと大きな陽線。
終値では昨日を上回っています。
75日移動平均線も、今日はまだかろうじて上向きのポジションを
保ったまま何とか終えています。

出来高も今年最大。
この状況を見て、これで下落は終わった。
今日が底だろう。
そういう向きもあるかと思います。

今日だけのことを言えば、買いにチャンスがあった日かもしれません。
あくまで結果論でしかないのですが、
75日線がしっかりと上向きの銘柄について、
今日の下げを見ながら、再びの75日線抜けや、
75日線からの反転を見込んだ狙いをつけておけば、
仕掛け時の恐怖は大きく感じたかとは思いますが、
それなりに大きな利益になったかもしれません。

ただ、それはあくまで今日一日を見た時のデイトレの話です。

流れとしては、高値更新から安値更新へと、短期間に大きく動く乱高下。
トレンドの定まらない持合いの局面が、5月の安値割り込みで、
今日さらに増幅されたところです。

上か下かはわかりません。
私には、ここが底だと力を込めて言うこともできません。
チャートからの読み取りでは、わからないというのが精いっぱいです。
75日線も横ばいとあっては、判断がつきません。

ただ、狙い・期待という意味では、ここからの下降相場入りに焦点を当てて、
見ていきたいというのは、私としては変わりません。

わからない、という中でも日経平均はすでに
下降相場に片足を突っ込んでいます。
75日線割れも、一目の雲割れも実際に起きているのです。

大きく見れば、持合いの波動でも、
近々で見れば下降の波動が成立してもいます。

明日以降、75日線や20,000円が抵抗線としてどの程度機能するか。
支持線として機能していたラインは、いったん抵抗に回ると、
こんどはきちんと抵抗線として機能します。
そういう支持・抵抗の逆転が起きているのではないいかと想像します。

どうなるのか。
明日の週末は、そのあたりに注目ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投資大全集(無料全集)

(上の動画、まだご覧になっていない方へ)
この動画を見ると、75日線の重要性がわかります。
75日線しか引かれていない日足チャートが、どのように見えるか。
よくわかる素材だと思います。
個別銘柄の部分はよく見ておいてください。
分析の順序も分かってくると思います。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1298-b0807dc3
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック