損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/10 止まるところで止まる
激動の1週間が終わりました。
壁が上にも下にもあったということで、
日経平均は、やはり反転すべきところで反転し、
止まるべきところで止まって引けました。

場中、上がっているときは、
どこまでも上がって行きそうに見えます。
何もしないで見ていると、そんな気持ちに誘惑され、
買わないと大損してしまう焦燥感にとらわれます。
ついつい買おうものなら、買ったところ、まさにその地点が天井になります。

自分が買い保持した状態でぐんぐん上がろうものなら、
すぐにでも暴落しそうな妄想にとらわれ、
矢も盾もたまらず利益確定してしまいます。

分足の動きばかり見ていると、どうしても、
その場その場のローソク足の上下動ばかりが気になって、
なかなか冷静になれないものです。

でも、結果論かも知れませんが、
日足チャートを見れば、今日の高値は75日移動平均線や5日線です。
また安値は一目均衡表の雲の下辺。
まさに、止まるべくして止まっているわけです。

こういうことを冷静に確認しながら、
分足の激足に挑めば、少しは心の持ちようも変わってくるはず。

日経平均だからそうなるのではなく、
どの銘柄でも、多かれ少なかれ止まる理由はあるはずです。
いずれにしたって人間が売り買いしていることですから。

デイトレであっても、いつも日足チャートを傍らに置いておくことは、
そういう意味で、とても大切なことです。

分足にも、当然にいろいろなラインは引けます。
そこにもヒントはたくさん出てきます。
しかし、どうしても相場は一日単位で動くということがあるので、
日足の方が重要なポイントは多いのです。

今週は、本当に日経平均の動きが激しい週でした。
それだけに、日足チャートの大事さ、すごさがよく理解できました。

この休日、少しじっくり振り返りたいと思っています。

とりあえず、今日はお疲れさまでした。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1299-a3888f7d
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック