損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/23 持合いは不得意
MACDは凹みましたけど、5日移動平均線の上に出てきました。
そう簡単には落ちていかないし、そう簡単には上がってもいかないよ、
と言っているようですね。

相場自体は、いつも動くことを望んでいるわけでもありません。
デイトレをやっている個人トレーダーは、いつもいつも、
大きなボラが出ているのがいいと思っていると思いますが、
そうは問屋がおろさず、
全体相場は、止まっているときの方が多いものです。

なので、メリハリをつけるというか、
行くときには行くけれども、無理しては行かない、
ということの方が、個人としては戦いやすいと思います。

相場が動かないとき=持合いのとき、というのは、
個人にとってはきわめて利益を上げにくいのではないでしょうか?

もちろん、手法によっては、一番時間としては長い持合いを
積極的に行こうというような手法もあるかと思いますので、
一概には言えないとは思います。

私は、持合いは「地獄」だというふうに習いました。
一方で、「プロは持合いを好む」とも。

オーソドックスに、高値更新で買い、安値更新で売っていく順張りの
考え方でトレード手法を組み立てているとするならば、
高値更新や高値更新が反転のしるしとなるような持合いの時は、
なかなか思うように利益は上がりません。

仕掛けては損切り、また仕掛けては損切り・・・
持合いの時には、その繰り返しになることが多くなります。

トレンドがないのだから当たり前と言えば当たり前なのです。

持合いの時には、逆張りの手法でないとうまく行かないと思います。
ただ、私は逆張りは基本的にやりません。
だから、持合いは不得意としています。

日足ではトレンドが出ていなくても、分足ではトレンドがある・・・
そんな場合ならデイトレです。
しかし、どちらもトレンドがあいまいなら、「待ち」しかありません。

こればっかりは、相場の行方ですから、
どんなに個人が頑張ったところで仕方なしです。

今日は、少し涼しいようなので・・・、
のんびりしましょうか。

明日は週末。
まあ、じっくり・・・構えておきます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1311-46c7364e
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック