FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
8/5 じりじり上がるか
連日、ブログ更新が遅くなってしまっており、
心苦しい限りです。
ただ、この時間になると、ニューヨークダウの寄付きが見られます。
少しは参考になるのかなとは思います。

ニューヨークダウ、反転上昇してきましたね。
ただ、大きな流れは下降ですので、
なかなか信用もできません。
安値を更新せずに反転していくところを見るならば、
どうも、持合いに入っていきそうです。

そこは日経平均も同じ。

ですが、今日の日経平均は、
少し持合いを脱していく様子が見えています。
短期の波で見ると、25日移動平均線を支持線として、
上昇波動になっています。

これで、7月の高値を更新していけるなら、
本格的に上昇波動に入ります。
何とか粘って、再びの上昇を取り戻そうとしている
日経平均の様子がわかりますね。

今日の寄付きは、やはり、一目均衡表の雲の直上。
やはり、雲の上は気持ちいのでしょう。
そこから、落ちてくることなく、見事に上昇しました。

ここ数日のMACDは、MACDのラインとシグナルのラインが、
重なってしまって、まるで1本のように見えていました。
なので、ヒストグラムはゼロライン上から顔を出してきませんでした。
しかし、今日はほんの少しだけ上に頭を出しました。
本当にほんの少しですけれど・・・。

個別銘柄は、決算発表などの影響もあって、
まちまちです。
なんだか、錯覚かもしれませんが、
日経平均と連動している銘柄も少ないような気がします。

日経平均に従って相場判断、状況判断するより、
端的に個別銘柄だけを見てトレードした方がいいようにも
感じてしまいます。
あくまで主観でしかありませんから、
実際にはやりませんが。

まあ、どんなにイライラしたとしても、
どんなに我慢できなくなっても、
長い目で見るという事を真剣に考えるなら、
無理はしない方がいいし、自分の考えを変えるべきでもないです。

感情によって指針をなくしてしまう人が、
トレードに限らず、そこらじゅうにいます。
結果として、うまく行かないことが多いようです。

自分に負けてはいけませんね。
トレードの場合は、そこが最後の砦でもあるし、
出発点でもありますから。

引き続き頑張っていきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
chinsuke様

おはようございます。
いつもお世話になります。

最近は就寝時間が早いかわりに起床時間も早いため、お邪魔するのはいつも朝になってしまいます。

昨夜も7時にはもう爆睡でした。(笑)

いびきをかいて寝ているときに、コメントを頂き申し訳ありませんでした。m(_ _)m


明日辺りからお盆休みに入る企業も多いのでしょうか。

そのせいかどうか分かりませんが、今日、明日と業績発表を行う企業が多いようです。

そのため買ってみたいと思うチャートの銘柄があっても、うかつに手を出せなくて、躊躇してしまいますね。

このような時に敢えてリスクを取った投資家は大きな果実を得て、リスクを取らなかった投資家は翌日指を咥えて見ているだけ、ということもよくあるようです。

安全指向で行くか、敢えてリスクを取るか、度胸が試されますね。

最近大きく売られてきた機械株や電機、精密などにもいくつか候補があり、他ではソフトバンクなどもそのひとつですが、、う~んどうしようかと、迷うところです・・・(^^;)


それでは本日もどうぞ頑張ってください。

ok21

2015/08/06(木) 08:39:30 | URL | ok21 #gxTQP.LE [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ok21 さま

コメントいつもありがとうございます。

・・・ということは、すでにご就寝ということでしょう。
明朝見て頂く、ということになりますか。

でも、朝型の人生は実に素敵です。
夜型の人生も素敵でないとは言いませんが、
やはり人間は朝型でしょう。

何をするにも、一番気持ちがいいのは早朝です。

朝を制する者は人生を制するといってもいいくらいだと思います。

でも、なかなかみんな朝方になれないのです。
そして、健康を壊し、人生を壊してしまったりするのです。

私も人のことなど言えません。

人生において、早朝を取るのか、深夜を取るのか、
人間は二つに一つだと思います。
どちらも取らないのは、
楽しみに欠ける人生になってしまうように思います。
(暴論ですが・・・)

私は、まだまだどっちも好きで、
どちらも捨てがたく考えてしまっています。

色々な欲望が捨てられないのかな・・・とも思います。

・・・
まあ、それはそれとして。

「リスクを取った投資家」の話は、どうなのでしょう。

「リスク」というのは「損切りのリスク」ということなのか、
「損切りできないリスク」なのか。

「損切りのリスク」というのは、常にいつもあるわけですので、
相場がどんな時でも同じく存在します。

自分がどれくらいのリスクを取れるのか・・・
そこをしっかり把握しないといけないわけで、
それをやっていないからこそ「大きなリスク」というならば、
そんなリスクは取ってはいけないと思います。
(ちょっと、また自分本位のわかりにくい表現ですいません!!)

要するに、自分が取れるとは思えないリスクを取る必要はないわけです。
それを度胸でもって「えいや!」とばかりに行動してしまうのは、
ギャンブルであって、トレードじゃないと思います。

そういうギャンブルは、絶対に長続きしません。
いつか必ず大きな取り返しのつかない損をしますから。

度胸なんて・・・つけない方がいいです。
私はそう思います。

ではまた。
2015/08/06(木) 22:33:15 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1325-a5af76ef
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック