損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
8/13 アルバック
今日は、アルバックを見ていました。
数日前のソフトバンクと同じ。
いや、今日の方がもっと強烈に感じました。

これは売りでしょう、と誰もが思ったのかどうか。
いや、思っていないからこそ、ここまでの上値になったのでしょうし、
買っている人がいるから、そう簡単に下げもしないのです。

寄付きと大引けでは、ちょうど75日移動平均線上。
始まりも終わりも本当に”にくい”形ですね。
まるで図ったかのように・・・というか、図っているんだと思います。
やはりこの銘柄でも75日線は非常に強く意識されているわけです。

しかも、上下に長ーいヒゲ。
寄付きからいったん下げて挙げて、また下げて、
安値更新してから今度は上げて、それで終わったんです。
ものすごい持合いです。
どう悩んだら、こんなローソク足になるのか。
考えてしまいますね。

で、売りなのか買いなのか。
問題はそこなのですが、
そもそも「問題」として迷うくらいなら、
考えない方がいいでしょう。

トレードの場合、迷った末に出る結論なんて、
大したことありません。
迷ったこと自体で、もう「仕掛けてはいけない」のサインなのです。

私は、もう断然に「売り」です。
なぜなら、これも、決算とかで出てきた買い勢力なわけです。
今日は、この銘柄の出来高は飛び抜けています。

これだけの出来高で、結局75日線で終わったのです。
やはりソフトバンクのように、ふわっとは上がるかも知れませんが、
長いことはないのではないでしょうか。

そもそも、75日線が下向きの下降相場にどっぷりつかっていた展開です。
それが、ファンダの影響で75日線上まで出ていこうとするなら、
格好のもぐらたたきゲームです。
私は、この手の銘柄のチャートを見ると、どうしてもたたきたくなります。
これは感情ではなくて、チャートからの見立てです。

一目均衡表を見れば、
この前のソフトバンクより不利な状況がわかります。
だって、今日の高値のヒゲの先ですら、雲を抜けられてないのです。
明日からまた雲は厚くなってます。
明日抜け出しておかないと、苦しいところに入って行ってしまいます。

本当に苦し紛れに75日線上にいるだけなんだと思います。

相当に苦しいはずです。

まあ、明日どうなるか。
朝一あたりから注目して見ておきます。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1332-6d853e4f
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック