損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
8/17 元気なようで元気ではない
高校野球が山場に差し掛かっています。
テレビをつけていると、どうしても見てしまいますね。
昨年までは、ほとんど興味も持たず見向きもしませんでした。

でも、野球・・・特に甲子園大会は、
かつて野球少年だったころから、ずっと好きではありました。

やはり、破格のスター選手が出てくると、
まずはちょっと見てみよう・・・。
そして、見ているうちに、はまって行ってしまうのですね。

今年はそういう意味で、個人名で語られる選手が
多くいるように感じています。

それでも、普段はトレードをやっていると、
他のことには見向きもしないものです。
私はスイング中心ですが、
いつも銘柄を探してはデイの仕掛けもする方ですから、
また、相場の時間にはできるだけ集中していようという主義でもあるので、
あまりテレビをつけてトレードということはしません。

それをやってしまうということは、
やはり相場が今一つ面白くないと感じているからでしょう。

今日だって、動きがないわけではありません。
100円程度の範囲ですが、上に下にの大忙しでした。
日経平均を分足で振り返ってみれば、
今日のポイントは10時50分過ぎの陰線ということになるでしょう。
そこで売れたかどうか。
そして、14時30分過ぎにきちんと仕切れたかどうか。

デイトレとしては、それで十分でしょう。

欲を言えば、14時30分以降は、
いつもと同じように、本日の動きの逆を狙う、ということでしょう。

デイトレは、朝一番とラスト30分がよく動きます。
そして、朝一番は、本当に動きが読めないのと反対に、
ラスト30分は、おおまかその日の基本的な方向と反対の動き、
と考えておけば、それでスタンスとしては正しいのでやりやすいのです。

スイングの仕掛けも、朝一番や場の真ん中でしかけるというより、
ラストの方で仕掛けることの方が圧倒的に多いものです。

その日一日の大半を見たうえで、
どうしても行き過ぎた部分があれば修正してくるのが
ラスト30分なので、そこで仕掛けるのは理にかなってもいます。

しかし、今の相場は、結局は動きが持合いなのです。
いろいろ動くけれども、結論を出さない。
高値更新すると、行き過ぎだということで下げの修正が入る。
安値更新すると、安すぎということで上げの修正が入る。

要するに持合いで、これに付き合っていると、
すべて損切リの連続になってしまいます。

そういう意味で持合いは地獄です。
付き合ってはいけないのです。

だから、高校野球でも見て・・・とは言いませんが、
全体相場が持合いだと思ったら、
少し仕掛けを思いとどまってもいいのではないかと考えています。

全体が持合いだと、個別銘柄も悩みますからね。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1335-c7820d70
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック