損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
8/21 また暴落です
昨日ブログを休んでしまった間に、一気に日経平均が暴落です。

昨日のローソク足で、7月28日の安値を更新。
上昇波動が一気に持合い波動に変わってしまいました。
それも、乱高下の持合いの波動。

一目均衡表で見れば、雲の上辺でピタリと止まりました。
20,000円のすぐ上。
ここで、何とか止まるのかとも思われたところでした。

それが、今日になったら、一気に雲割れ。
20,000円どころか、19,500円すら割れてしまいました。
暴落ですね。

この間の「買い」でも持っていて、
巻き込まれたら大変なところでした。

今週、ボリンジャーバンドが急速に収縮してきたところで、
何となくきな臭さは感じてはいましたが、
少なくとも週の初めに、この状況は思い浮かびませんでした。
私にとっては、本当に想定外です。

一昨日のブログで、
75日線割れすら現実には考えていなかった旨書きましたが、
さらにその先があるとは、本当に感じ取れてはいませんでした。

なるほど、この暴落が起こってみれば、
不思議でもなんでもありません。
よくある大きな下落のひとつに見えてしまいます。

今になって、ああしておけばよかった、こうしておけばよかった、
などど書いても、それは結果論に過ぎません。
行動を起こすならば、できれば事前に準備しておきたいものです。

ただ、私は、今週初めの持合いの中で、
しばらく静観を決め込んではいました。
少なくとも積極的に仕掛ける場面ではないと思ってはいました。
なので、デイトレはともかく、スイングの新たな仕掛けは
やっていません。

そういう意味では、ちょっと救われたかも知れません。
少なくとも、「買い」の方向で基本スタンスは取っていましたので。
逆に言うと、「売り」で保持していた銘柄は、
利益がさらに乗ってきました。
それはそれで、
ルールに従ってやってきただけあったということになりますね。
いつもながら、チャートとその指標が示すところに、
愚直に従ってやった方が良いということの証左でもあります。


さて、今日の出来高、かなり大きくはなっています。
要するに、投げが出てきたということです。

あとは、7月の最安値が出たときのように、
この後、来週買いが集まるかどうかですね。

チャートの様子で見るならば、
ボリンジャーバンドの-2σラインが、
どこで株価をとらえられるかでしょう。
そして、反発するのか否か。

今の状況では、月曜日の予測はつきません。
やってみなければわかりません。
もっと下がるかも知れないし、急反発するかもしれません。

「売り」を持っているなら、
ボリンジャーバンドに捉えられた時が判断の時になります。

不幸にして「買い」を保持してしまっているなら、
さらに下がるリスクを避ける意味でも、いち早く損切りです。
その結果として、急反発の時に悔しい思いをするとしてもです。
すでに、損切りのラインは越えてしまっているかと思いますので、
まずは、何はともあれ仕切ること。

もう、チャンスはないのです。
あるいは、保持していることを忘れられる状況ならば、
忘れてしまった方がいいかもしれません。
(信用取引だと、そうはいきませんが・・・。)
消極的ですが、それも一つの方法かと思います。
もちろん、忘れられるくらいの資産があるなら、
どっちにしても仕切った方がいいのに違いはありませんが。

7月の暴落と、今回の暴落と、
まだまだ振り回される感じもありますね。
厳しい相場です。

冷静に、冷静に、できるだけ客観的にチャートを見ていく
姿勢を崩さぬようにしたいものです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1338-28ff6e29
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック