損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
9/23 下からの寄付き
ニューヨークダウが、下げています。
CMEの日経先物の値では、いったん日経平均汚直近安値
すら割るところまで行ったようです。
明日の久しぶりの日経平均の開場は、安い寄付きで始まりそうです。

焦るな焦るな、です。
久しぶりだと、ついつい力が入ってしまいます。

ついつい、余計な仕掛けをしてしまうシチュエーションがありますが、
久しぶりの相場というのもその一つかと思います。
大発会とか、連休明けとか、そういうときにパッと目についた
良さげな銘柄は、大きな利益を瞬時にもたらしてくれそうに見えます。

そして、本当に利益をもたらしてくれることもあるから、
止められなくなってしまうのです。
ほとんどの時は、損失になってしまうのに、
一度だけでも瞬時の利益になったことが忘れられないのです。
競馬で言うところの万馬券みたいなものですね。

株トレードの損失は、自分でやめない限り限定がありません。
だから、パッと見の判断だろうが、じっくり決めての仕掛けだろうが、
仕掛けてしまえば条件は同じ。
どんな大きな損失のリスクすらあるわけです。

焦るな焦るな。
こういう久々の相場の時こそ、あえて思い起こすのです。
焦ってはいけない、と。

実際には焦っていなくともです。
焦るなんてありえないと思っていてもです。
仕掛けなんてつゆほども考えていなくともなのです。

で・・・
昨日まで、75日線とボリンジャーバンドの話を書きました。
そして、その中で、25日線がボリンジャーバンドの中心にあること、
75日線よりも実際の株価の近くにあることが多いことを書きました。

いったん75日線を抜けた上昇相場の中では、
75日線に戻ってくるより、25日線が75日線に変わって、
支持線もなることも多いです。
逆に下降相場の時には、75日線まで上昇するより、
25日線で上昇が止まってしまうことも多いです。

そこは、ボリンジャーバンドと移動平均線の位置関係にもよりますが
完全な上昇相場、下降相場では、25日線が重要なラインになること
をわかっておいた方がいいでしょう。

まさに、今の日経平均は、25日線に注目するべき時です。
完全なる下降相場のただなかでの戻り上昇は、
25日線が焦点になる可能性も高いのです。

ボリンジャーバンドと、75日線、25日線、このラインたちが、
日足のチャートに参考となる視点を与えてくれます。
それらを、きちんと読み取ることが仕掛け準備です。
これらのラインがどうなっているかを、
しっかり見据えてみてください。

それだけでも、焦りは少しなくなると思います。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1371-d706cb58
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック