損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
9/28 週は替わったが
今週の相場が開始しました。
とはいえ、日足で見る限りどうもチャートの動きに躍動感は
感じられません。

分足で見ていくと、寄付きからいきなりどーんと急落し、
その後は急反発があり、それなりに大きな動きになっているんですが。

結局のところ、先週のギャップダウンから回復せぬまま、
下がりもせず、3本のローソク足が寄り添うようにありますね。

このまま、うまいこと5日移動平均線を抜けられないと、
いよいよ、ズドンと下げるのも考えられますね。
安値更新、下降局面の継続となってしまうのでしょうか。

日経平均が、こうやってくすぶっていれば、
個別銘柄は、ひとたまりもなく下降相場に引きずられていきます。
下降相場への変わり目、つまり、グランビル下降の1回目は、
大きく下がりますから、狙い目になります。

今は上昇しそうな候補銘柄を探すより、
そういった下げ候補の銘柄に目を付けた方がいいように思います。

相場が下げるときって、本当に上がりそうで上がらないものです。
「もうこれ以上は下げないだろう」という地点から、
更に大きく下がってしまうものです。
そして、あとから、いろいろな後悔をするものです。

後悔をしたくないなら、きちんと指標を見て、
できるだけ客観的な状況を見ていくことです。

日経平均の日足のボリンジャーバンド。
収縮の方向に動いていますが、
まだ株価は-2σまで距離のある状態です。
決して、これ以上落ちないなどと言えない状況です。

イメージも大切ではありますが、イメージですべてを決めると
必ず失敗します。
「なんとなく・・・」はダメです。
トレードの時は、自分の感性など、決して信じてはいけません。

感性が捨てられないという方は、下の動画を見てください。
投資大全集(無料全集)
特に、個別銘柄解説の部分。
客観的なライン(75日線)を軸に、すべてが説明されています。

私が言いたいことも、そういうことなのです。

これが、相場のことを語るやり方・・・と思ってくださいませ。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1376-e4acc690
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック