損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
10/20 「待つ」が相場
分足はよく動いていますね。
スイングの仕掛けにはあまり適さない今の全体相場ですが、
デイトレなら仕掛けどころは満載です。

分足としてはわかりやすい波動で、
きちんとトレンドも出ますし、売り買いの転換も、
つかみやすくなっているかと思います。

トレードを始めて間もない頃だと、
仕掛けていないと損をしている感じがして、
場中で余計な動きばかりしがちです。
特に日経平均が急な激しい動きを見せたりすると、
「こんなときこそ、カリスマトレーダーは、
一瞬のうちに大金を手にするのだ…」などと、
見てもいない妄想に囚われてしまうのです。

そんなことありません。
まあ、あるかも知れませんが、極めて少数の方々です。
そんなの気にして生きてちゃダメです。

相場は毎日あります。
デイトレやるなら、それこそチャンスはあるはずです。
トレンドを取ろうというスタイルでも、
一日に、一度もチャンスがないということはないと思います。
一週間あれば、最低でも2~3回はチャンスはあるはずです。

ひと月に一度の大きな動きを取れなくたって、
それでどうのこうのなるわけではないのです。

スイングのチャンスなど、月に2~3度あるかないか程度です。
それであっても、逃すこともあるのです。

仕掛けてばかりいるのがトレーダーではありません。

日本で一二を争うくらいのスキャルピングのスペシャリストなら
いざ知らず、そうでないなら、仕掛けを焦らないことです。

確かに、今、日経平均の動きを見れば、
デイトレが仕掛けやすいと思えます。
でも、それは私の目であって、人それぞれでしょう。

もっと、極端なことを言えば、別にトレードでなくてもいいのです。

確かに、トレードは、うまくやればお金も儲かるし、
サラリーマンより気楽に見えるのかもしれません。
そして、往々にして、一般個人投資家のトレードというのは、
お金が儲からなければ、ほとんど意味のないものです。

ほとんどのトレーダーは、お金のためにトレードをやっています。
そんなの当たり前です。

でも、お金だけのことなら、トレードなんて一つの手法にすぎません。
仕掛けてないと損をした気がするなら、
働いていさえすればお金が入ってくる職業を選ぶ方が、
よほど理にかなっています。

「待つも相場」と言いますが、
そうではありません。
「待つのが相場」・・・です。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1396-c154039d
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック