損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
10/31 CMEによると
昨夜のニューヨークダウは、少し停滞しました。
上昇中の小休止といった感じで、少し下がりました。
その影響を受けたCMEの日経先物は19,000円割れ。
18,900円レベルまで下げて終わっています。

ということからすると、月曜日の日経平均の寄付きは、
5日移動平均線を下回るかもしれません。
金曜日の買い仕込みは、いきなりの損切りかもしれませんね。
(それはそれで、仕方のないことですので、
 本当にそうなったとしても、無駄な抵抗はしないようにしましょう。)

ただ、金曜日夜のCMEの結果が、月曜日の日経平均に、
どれだけ影響を与えるか、というのは、難しいところです。

土曜日、日曜日の世界の動きが、
相場の動きとしてまず出てくるのが、日経平均ではありす。
太平洋に日付変更線があることによって、
日本は経済大国として、一番初めに相場を開くことになるのです。

火曜日の日本の相場は、月曜のニューヨークの影響を受けます。
ですが、月曜日の日経は、ニューヨークの金曜の動きより、
土日の世界の状況に左右されると思います。

これは、相場が週休二日ゆえの宿命でしょうね。

だから、金曜のCMEを見ても、あまりあてにならない部分はあるのです。
土曜の朝に、一喜一憂しても、
月曜日の朝には全く違った思いにとらわれることがよくあるはずです。

週またぎの持越しには、こういうリスクもあるのです。

月曜日の相場は、どんな始まり方をしてもおかしくありません。
普段の日よりも、よりその度合いは大きいのです。

月曜日は、先入観を排するべき日だと思います。

頭の隅においておいてください。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1407-4157d4f1
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック