損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/9 初動、ボリンジャーバンド
日経平均に大きな陽線が出ました。
グランビルの上昇初動に特徴的な展開です。
まだ、75日移動平均線は下向きですが、
であればこその上昇初動です。
かなり典型的な形になったと言っていいでしょう。

ただ、上昇初動における大きな陽線の後の留意点は、
急落です。
日足のボリンジャーバンドを見ると、
すでに今日の段階で、+2σライン付近で寄り付き、
そこから上昇して、+2σを大きく飛び出してしまっています。
上昇初動、という観点から見れば、普通の動きなのですが、
通常の株価の動きからすると、上がりすぎなのです。

であれば、明日朝いちばんで、
全部とは言わずとも、利益確定しておくのが常道です。
全部でもいいかもしれません。
そこは、ご自身のスタンスで。

こんなに大陽線が出たのに、もう仕切るの?
という声もありそうな場面です。
なるほど、このままさらに大きく上昇する場面だって、
十分に想定できますし、それもよくあることです。

勢いやイメージでなく、それなりの根拠をもって、
更なる上昇を期待するなら、それはいいと思います。
けれども、私はボリンジャーバンドが語りかけてくるメッセージを
重視してトレードしています。
そういう意味で、仕切りを優先するのがルールなのです。

上がってしまったら悔しい思いをする、かもしれません。
でも、いつも上がるわけではないのです。

いいじゃないですか、半分の利益確定で。
根拠のないトレードには再現性がありません。
そのときの気分やイメージでやっていると、
いつもそうなってしまいます。

トレードの永続的な利益蓄積には、一貫性が求められます。
一貫性がないと、トレードの基準はなくなってしまいます。
何がよくて、内が悪いのか、わからなくなってしまいます。
つまりは、偶然のトレードになってしまうのです。

上がろうが下がろうが、明日の朝一でいったんは部分仕切り。
まずは、これに慣れて頂くのがいいかと思います。

損切りするときも、利益が出るときも、
いつもトレードでは、「やりにくい」ことを求められます。
でも、「やりにくい」=「そんなことしたら、もったいない!」と
いうことの中に、正しい行動の方向があると考えてください。

そこを乗り越えないと、一端のトレーダーにはなれません。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
こんばんは
本日、日経先物を利確しました。少し早いかと思いましたが事前に利確想定した位置に来たため実行しました。何より本日の記事を読んで決済は間違ってはいなかったのかなと思います。
今までは2回程損切りになったらその持ち合いでの仕掛けは諦めていましたが、ピストントレードの記事を読んで今回は諦めずトータルプラスのトレードが出来ました。
ありがとうございます
2015/11/09(月) 22:06:33 | URL | レバー #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
レバー様

またのコメントありがとうございます。

大変、うれしいコメントです。

まあ「2回」というのも、それはそれでしっかりしたルールですから、
悪いことではありません。
ただ、何をもって「持ち合い」とするのか、
その定義によって、いろいろ変わってきてしまうような気もします。

75日線の仕掛けでは、ピストントレードは、結構効果があります。
今後も、こういう場面では、お考えになっていいかと思います。

今回は、本当におめでとうございます。

2015/11/09(月) 23:54:47 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1414-0d367d6d
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック