損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/13 悩んでいます
日経平均は下げました。
ギャップを付けて寄付きました。
しかしながら、昨日の安値を上回ったところで大引け。
朝つけたギャップは、何とか埋め戻しました。

ついに5日移動平均線の下に潜り込んでしまったものの、
本格的な下げというには、まだまだ日経は強い感じがします。
9月の大底から引く安値のパーティションを、
はっきりと割ってはいませんから・・・。

気になるのは、75日線の傾きです。
横ばいに近づいてはいるのでしょうが、
それにしてもなかなか本当の横ばいにはなりませんね。
まだまだ下向きです。
そろそろ、25日線とのゴールデンクロスすら見えてきたのに。

ゴールデンクロスするからには、
75日線は上向きであってほしいのですが、
そうもいかないのでしょうか。

また、もうひとつ気になるのは、ここに至る波動です。

今日の下げを見て強く感じてしまいました。
9月に付けた大底から数えて、
すでに3回の上昇波動ができているということです。

私の習った波動理論によると、波動は3回で一区切り。
2回の上昇波動では、75日線を抜けきれず、
3回目の波動でやっと抜けてきたのが今回です。

ちょっと、いい加減な表現に聞こえるかもしれませんが、
3回目の波動では、すでに株価は疲れています。
そういう意味で、75日線を抜くには少し早すぎたのかも
知れませんね。
いったん25日線までの下げという儀式を行ってから、
上昇するのが筋だったのでしょうか。

もちろん、3回というのはあくまで教科書の話で、
必ずそうなるというっものでもありません。
グランビルと同じで、あくまで「3回過ぎたら注意しろ」と
いうに過ぎません。

でも、だからこそ、注意はしておいた方がいいのです。

・・・こんなことを書いていると、
またお叱りを受けることでしょう。

一昨日は、もっともらしく「上」だと書いて、
それが昨日は、また「下のようだが上」だと書いて、
今日になったら今度は「下」だ・・・と。
本当に、いい加減で信じられない・・・と。

私は、いつもそういう風に言われてしまいます。
読んでくれている友人にも、先輩にも。

しかし、弁解になりますが、
私も、そうやって悩んでいるのです。

そうなんです。
「それがわかるなら、苦労しないよ!」
と、私は自分にも他人にも言いたいのです。

私は、株価の分析、日経平均の読み解きで、
悩まない日なんてほとんどありません。
いつも半信半疑。
7割の自信なら、自分としては大したもの。
6割でも、まあすごい。
大抵は、5割を少し超えるくらいです。

一般の生活や仕事の中で、
「5割を少し超えるくらい」なんて言うのは、
決して決断の材料にはなりません。
「一か八か」に近いレベルの世界です。
そこで、決断しようとすれば、当然に悩みに悩みます。

自分が見ている指標は、本当にその見方で正しいのか。
極めて主観にもとづいた見方じゃないのか。
・・・まあ、悩みに悩みますね。

でも、トレードではそんなもんですよ。

私のことを叱ってくれる人だって、
おそらく同じなんです。

ルール通りにやる。
絶対に、自分で決めたことは破らない。
・・・と言ったところで、悩みが消えるわけもないのです。
トレーダーは、どんな人でも悩みながらやってます。
極めて頭の中がすっきりした状況でトレードしているなんて、
そうそうはあり得ないものです。

だから、指標をよくよく見ていくうちに、
別の視点で見ていくうちに、
あるいは、毎日の動きを追いかけているうちに、
「なんでこんなことに今頃気づくのだろう!」
と焦ることもしばしばあるわけです。

それまでは、「これはどう見ても上昇」と考えていたとしても、
たった一つ気づいてしまっただけで考えは変わります。

まあ、この部分、
何を書いても自分を正当化するだけのことなので、
正直、見苦しいのですが。

ただ、今日になって、3回目の波動が気になった、
というのは事実です。

ここには書けないですが、他にもいろいろ気になることは
たくさんあります。
MACDも、200日線も・・・。

ちょっと、週末、頭を休めてみましょうか。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1418-67a22947
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック