損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/29 なかなか分かってもらえないこと
「損切り」というと、どうしても失敗だと感じる人が多いようです。
あるいは、「負け」なのだ・・・と。

そういう人の論理は、以下のようなもの。

「失敗」や「負け」はトレードにはつきものであって、
全戦全勝はあり得ない。
だから、失敗や負けがあってもいいのであって、
失敗、負けは素直に認めて、原因を把握して反省し、
すぐに次の仕掛けに移る・・・と。

どうしても、私がわかって欲しいのはここの部分の誤解です。

私は、「損切り」を失敗とか負けとか書いたことはありません。

「損切り」には、何か仕掛けに理由があったとか、ミスがあったとか、
そういうことではないのです。

ミスのない仕掛けだって、その多くが「損切り」になるのです。
そういう場合は、どこかどう「失敗」なのか。
認めるべき「負け」の要素って何なのか?

仕掛けにミスがあった場合は、それが結果として「利益確定」
につながろうと、「損切り」に終わろうと、ミスはミスです。
その場合は、仮に「利益確定」できたからといって、
何の反省もしないのでしょうか?

そうではないはずです。

仕掛けにミスがなくても、「損切り」は何度でもあります。
その理由は、自分では回避することができない理由です。
それを、「失敗」とか「負け」とかいう、自分の責任に帰するのは、
大きな誤解ですし、方向がずれています。

仕掛けに何らかのミスがあったから「損切り」になったのだ、
ということならば、
仕掛けにミスがなければ「損切り」にならないという考えに
なりますから、そんなおかしな話はありません。

※個別具体的な事例で、「仕掛けにミスがあったかどうか」、
 というのは、自分だけではなかなかわからないことですし、
 これを議論し始めるときりがなくなるので・・・、
 ここではやりません。

相場の動きは自分の力ではどうにもならないのです。

私にとっての「失敗」や「負け」というのは、
「損切り」できないことであり、
うまく「利益確定」できないことです。
だから、「失敗」や「負け」は当たり前なのではなく、
基本的にやってはいけないことなのです。

「損切り」自体を「失敗」「負け」と位置付けてしまうと、
「損切り」自体がマイナスのことになってしまいます。

まずは、こういう考えから脱却しなければ、
いつまでも「損切り」に苦を感じることになってしまいます。

「損切り」は、自ら進んでやるものです。
なぜなら、それをすることがトレードのキャリアになるからです。
そして、トータルプラスの要素になるからです。

「今回もうまく行かず、損切りにあってしまいました・・・」
という考え方は、止めておきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1431-daf08eeb
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック