損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
12/8 不分明な相場状況
ニューヨークダウが高値が取れなくなってきました。
高値を結ぶラインがやや下向きのパーティションにもなってきました。

実は日経平均も、12月に入ってから高値を結ぶラインが、
パーティションを形成するような形になっています。
トレンドラインになるのかどうかは、まだ未明ですが。

また、日経平均は、今200日移動平均線が支持線になっています。
10月にこのラインを抜けるまでは抵抗線になっていたのですが、
いったん抜けてからは支持線になっています。
75日線がはるか下にあるために、200日線が当面の指標に
なっているかのように思います。

それにしても、このように75日線が下向きのままだと、
相場状況の把握はとても難しいですね。
私のイメージでは、75日線から離れた株価は75日線に戻る
というのがありますので、
どうしても、ここから75日線までの下げを想定せざるを得ません。

そうなれば、いったん日経平均は末広がりの持合いに入ります。
そして、その持合いを経たうえで上昇波動に変化していき、
その頃には75日線が上向きにあっている、という流れが見えてきます。

あくまで、結果論ですが本格的な上昇相場は、もう少し先かなと。

10月に、日経平均が75日線を抜けてきたとき、
それをグランビルの上昇初動とみて、
全体相場は一応、上昇に入ったとみてきました。
ただし、それは、その後の展開によって結果論的に変わるもので、
上昇初動かどうかは、あとの展開によって判断するものだとも。

そういう意味では、正直言って、まだ最終的に判断できない、
と言っていいのではないかと思います。

確かに、上昇傾向にはあるのですが・・・。
なんだか、かりそめの姿のような香りがするのです。

すべての元凶は、75日線のあり方です。

やはり、今の株価、75日繊に戻っていくんじゃないでしょうか。
その時に、もう一度、上昇なのか下降なのか、
天下分け目の決戦になるのかなとみています。

なので、少し先を意識して銘柄探しをしていってもいいと思います。

当面は、買いも売りも仕掛けは少なめ。
いつものことかもしれませんが、無理しないことです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1439-6448527d
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック