損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/20 「損切り」は積極的に
このところずっと相場の流れを追った記事でした。
全体相場下げ続けの毎日でしたので、
同じような話ばかりになりました。

今日は、少し相場を離れて「損切り」について。

このブログでは、
正当な、合理性のある「損切り」は、
決して負けではないと書いてきました。

負けどころか、
きちんとした「損切り」は勝ちなんだと。
(「予定の損切りは勝ち」1/12)

そうです。
「損切り」は勝利です。

長い間、正しく相場と対していれば、
必ずそう思うはずです。

だから・・・
「損切り」には、前向きに、積極的になるべきです。

勝利なのだから、
嫌がるのではなく、むしろウェルカム。
「ぜひ「損切り」したい!」
と願うくらいでいいと思うのです。

なまじ嫌がるから儲からなくなるのです。
ホントです。

まず、仕掛けの時に「損切り」ポイントを、
明確に決めます。
実際に「損切り」になった場合の損失(経費)は、
この時に明確にわかるわけです。

肝心なことは、
この時に、その損失額については、
必ず計上しようと思うことです。
「この損失分があるからこそ、
 利益になる時があるんだ。
 損失がなければ利益もないんだ。」
と信じることです。
(信じられるかどうか・・・が最大のキーです。
 この件については、
 「損切り実現のためのエントリー」1/22 
 「全身全霊を込めないと利益は出ない(4)」2/11
 をご参照。)

そして、「損切り」ポイントまで、株価が来ることを本当に願うのです。

なぜなら、ポイントに来た時こそ、
願っていた「損切り」のチャンスだからです。

自分で自分を試す、大きなチャンスなのです。

そして本当に「損切り」の決行。
それは、自分のトレード計画を自分の意志で完遂する、
ということに他なりません。

たった、数秒、数分での「損切り」もあると思いますが、
この「自分の意志で完遂する」ということを、
非常に重視するのが大事なのです。

「損切り」で出た損失は、
やる前からわかっている(予定されている)のだから、
トレーダーとしての自分への投資です。
投資=リスク、ということでもあります。

「損切り」はなければいい、ってもんではないのです。

「損切り」なければ利益もなし。
投資がなければその実もない。
リスクがなければリターンもない。

当然にして、
誰もが知る、世の中の真実です。

「損切り」は、買ってでもやったほうがいいのです。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
こんばんは、夢と申します。
ブログを拝見させて頂き、いくつかの記事を読ませて頂きました。
とても興味を持ちましたので是非リンクさせてください。
私も株式投資・FXに関するブログを書いております。
宜しければ相互リンクお願いします。
2012/05/21(月) 00:01:47 | URL | 夢 #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
夢さまのブログも見させていただきました。
とても楽しそうなブログで、
私など及びもつきません。

「リンク」、「相互リンク」については、
特に、前向きとか後ろ向きとかいう姿勢も、
いまのところは全くありません。

が、いかんせん私がこの分野に浅学なため、
どうすればいいのか?すらわからない状態です。

すぐに勉強して、
ご対応いたしますので、
ちょっとだけお待ちくださいませ。


2012/05/21(月) 15:36:20 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
リンク
一応、やってはみましたが、
こんな感じでよろしいのでしょうか?

もし、おかしいようでしたら、
ご指摘お願いします。
2012/05/22(火) 10:49:39 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012/05/23(水) 18:39:07 | URL | 履歴書 #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
履歴書様

コメントありがとうございました。
また遊びに来てください!!
もっともっとがんばります。
2012/05/23(水) 23:47:51 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/145-71f174c9
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック