損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
1/7 大きなひとつの節目
ニューヨークダウがさらに下げてきました。
そして、日経平均は、もっと大きく下げました。
その結果、大きなひとつの節目を迎えることになりました。

長期チャート、月足です。

月足の要である、24ヶ月移動平均線に近づいてしまいました。
非常に大きな節目ですね。
昨年9月にも、このラインにタッチしましたが反発しています。
完全に上向きのラインですから、反発も教科書通りです。

でも、今回はどうなのか?
少し緩やかになりましたが、まだ24ヶ月線は明らかに上向きです。
24ヶ月線は、そう簡単に変わりませんから、
今回もタッチするかしないか、仮に割れたとしてもすぐに反発、
と考えるのが妥当でしょう。

しかしながら、
だからこそ、割って来たときのインパクトは相当なものです。
仮に・・・15,000円を割り込むまで下がるなどということになれば、
24カ月線の上向きも危うくなってきます。
今の状況をみると、それが必ずしも無意味な仮想だとは言えません。

幸いにして、私は買い保持銘柄がありません。
なので、比較的客観的に語れていると思います。

そういう立場から、あえて書くとすれば、
相場の世界に絶対などと言うことはあり得ないのです。
上向きの75日線も、大きく割り込むような展開はあり得ます。
24カ月線も同じです。

そういう意味でも、予測で動いてはダメなのです。

24カ月線が上向きだから、きっと反発する。
だから損切りもしないし、買い続ける・・・というのは、
予測による実際のトレード行動です。
予測が外れた時にはどうしようもありません。

「割ったら仕切る」というのがルールなのです。
どんなに上昇の予測があっても、割ったら仕切るのです。

・・・

ニューヨークダウが今も下げているようです。
今日はこれから反発するのかもしれませんが、
それだって予測です。
反発するかもしれないし、しないかもしれません。

とにかく、今日また大きな警鐘が鳴りました。
チャートが鳴らす音には敬意を払うべきです。
それが、いつも、いつの時でも正解だと思います。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1465-dd3f636f
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック