損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
1/9 逆張りは禁止
ニューヨークダウの下げも止まりません。
昨日も書いたことですが、
相場が下がれば下がるほど、そこにチャンスを見いだし、
何とか大底で買えないかと考える投資家がいます。
そういう人にとっては、今のこの全体相場は面白く映っています。

しかし、よく考えてみると、そういう人は、
この下げが来る前、昨年末まではどんなトレードを
していたのでしょうか?
日経平均が最高値から下げて来る過程を、
やはり逆張りで仕掛けて、買い込んでいたのではないでしょうか。
そうだとすると、それなりの損が出てはいませんでしょうか。

逆張りは損切りが難しくあります。
それなりの合理性あるボイントが見つかればいいですが、
そうでないなら、すぐに切るか自己裁量かになり、
失敗するリスクも高まります。
あくまで私の主観でしかないですが、
逆張りで相場に対応する人は退場率も高いように感じます。

相場が上げといるときに順張りで買うというのは、
そこまで上げてきた過程を利益にできていないという視点から、
あまり好まれないようです。
特に相場をやって間もない人は、いやがります。
「株は安く買って高く売る」ものだと勘違いしているのです。

「株は安く買って高く売る」というのは、
そういう意味では正しい法則ではありません。
株は、高くなった時に買って、より高くなって売るものです。
昨年もそんな話を書いた覚えがありますが、
初心の方には改めてお知らせしておきたいことです。

今、相場は下げています。
だから、やるなら売りです。
買うのは、空売りの買い戻しだけ。
そう考えるべきです。

一般個人投資家は、できるときだけやればいいのです。
勉強すれば、できるときがいつなのか分かるようになります。
できるかできないかわからない相場にお金をつぎ込む必要は
つゆほどもないと心得てください。

何度でも書きますが、
知見も経験もない逆張りは、止めておきましょう。
必ずや、大失敗につながります。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1467-573c3faf
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック