損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
1/14 再び損切りのススメ
今日はまた下降の日経平均。
昨日の反転がダマシなのか、今日の下降がダマシなのか、
分かるすべもありません。
事実は時間にあわせて時々刻々と進むだけで、
未来への確かなサインなど出してはくれません。

今日の日経平均のローソク足は昨日との比較で下降。
そして、一昨日の安値も下回った。
これが結果であり、事実です。

肝心なことは、望むと望まざるとに関わらず、
相場は止まらないということです。
分かりきったことですが、もう一度。
相場は止まりません。

「相場よ、止まってくれ」と思うとき、
必ず相場は、自分の希望と逆に動きます。
何度経験しても、変わりません。
そして、その経験は、場合によっては笑えない致命傷になります。

今、いったんの希望を捨てることと、致命傷を負うことと、
果たして秤にかけられるのでしょうか。

トレードは、積み上げの仕事であって、
トータルが命なのです。
それなのに、1回の取引で大きな損失は、トータル視点からは、
想定外であり、それだけでおしまいなのです。
そして、その繰り返しは、まさに賽の河原の積み上げであって、
何のキャリアにもなりません。

もしも、このブログで言えることがあるとすれば、
一刻も早く、その状態を脱してください、ということです。

今やもう、ニューヨークダウのコピーとなっている日経平均です。
そしてまた、この時間、ニューヨークダウのローソク足は、
急上昇しているとはいえ、現状では、直近で最安値を更新し、
下げの足となっています。
この後、どんなに上昇して昨日高値を抜いたとしても、
持合いとなるだけです。

今の買い保持銘柄に、何を期待できるのでしょう。
今この辛い状況を上手にしのぎ切ることには価値がありません。
もし、上昇することがあるなら、それは、自分が仕切った後です。

だからこそ、今切るのです。

今のその含み損をいったん確定して、
同じ銘柄を同時に同じ単位だけ買い直してみてください・・・。

そんなこと絶対にできないじゃないですか。
だったら、なぜ持ち続けるのでしょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1472-3bfdd489
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック