損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
1/21 深夜の監視
夜更かしはいけないと思いつつ、
ニューヨークダウの行方を見ています。

これまた、ひどい落ち様ですね。
日経先物は、16,000円を割らんとするところまで
一気に引きづられてきてしまいました。

朝までには、戻すのかもしれませんが・・・、
更なるギャップダウンが待っているのでしょうか。

取らぬ狸ではありませんが、
そうは言っても、売りの含み益はどんどん膨らみます。
わくわく感も出てきてしまいます。

日経平均の下落が、ニューヨークの下落を読んでいるような
気さえする展開です。
ここまで来ると、下げるのに大した理由はいりません。
黙っていても、投げが出てくるからです。

今、一番辛いのは誰なのか。
それを考えるのは、残酷な事かもしれませんが、
相場の中では、一番辛い人から先に動くものなのです。
そして、空売りの仕組みがあるから、
こんな時に「買い戻し」という歯止めもかかるのです。

「買う人なんかいるのか?」と思うかもしれませんが、
利益確定の買い戻しを忘れてはいけません。

一番辛い人が、一番辛いのは、「売れない」ことです。
そう思いめぐらせれば、本当は今買い戻してはいけないのです。
厳しい相場であればこそ、とことん厳しく考えるのが、
相場で生きるための不文律です。

これもまた、冷静に考えるべきところなのです。

でも、さすがに遅いので、ひと眠りします。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1478-c5d3969f
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック