損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/3 利益はサクッと取る?
25日移動平均線から、いったん下に落ちました。
狙っていた個別銘柄が、うまく展開していれば、
うまい具合に含み益が出ていると思います。
大きくギャップを空けて下から始まった銘柄は、
仕掛けられなかったとも思います。

含み益が出てくると、どうしてもそわそわするのが、
トレーダーの常です。
「常」というか、初心のトレーダーだとそうなります。
なぜかというと、一度手にしていた含み益が消えるのが
恐ろしくて仕方ないからです。

当然のことですが、人は、ただ単に損をするよりも、
いったんは得をしていたのに、その得を失う方が、
ショックが大きいのです。
チャンスを逃したということが、非常に影響するということです。
含み益と言うのは、儲けのチャンスなわけで、
それが元に戻ってしまえば、チャンスを失うことになるから、
そわそわするのです。

必然的に、自分の仕掛けた銘柄で利益が出始めると、
すぐに利益確定をしたがる、ということになります。
そういう人の利益確定には、ほぼ根拠がありません。
早くしないと下がってしまっては大変だ・・・
というだけの理由で、あっさり利益確定してしまうものなのです。

でも、含み益は、できるだけ引っ張ろうと試みるのが正解です。
試みる、といっても、相場を変えることなどできません。
単純に、ルールに従うというだけのことです。

まだ、利益確定のポイントに来ていないのに、
仕切ってしまったら、それこそチャンスを失ってしまいます。
自分の思惑に反して株価が逆行してしまったら、
それも利益確定なり、損切りでルール通りに対処します。
利益が出ていようが出ていまいが、トレーダーの向かう方向はひとつ。
ルール通り。

もちろん、ルール次第では、
利益確定のポイントは、刻々と変わります。
できるだけ、利益確定は先延ばしするようなルールこそ、
正解に近いと思いますから、
たとえば、トレイリングストップなど利益確定ポイントを、
少しづつ引き上げていく仕組みは、
非常に利にかなっていると思います。

嫌だと感じることこそ進んでやっていくのが、
トレードの肝心なところなのです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1491-8e0c922b
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック