損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/17 シナリオは常に崩れる
トレードのシナリオは、いつも大抵崩されてしまいます。
1日ずつしか動かない相場ですが、1日ずつシナリオが変わっても
不思議はありません。
そんなものだ、ということは理解しておきましょう。

今日の日経平均のローソク足は下降でした。
昨日からの続伸ではなかったことで、まあ一服、
ということかも知れません。
出来高も少ないし、それほど気にする足ではないかもしれません。

なんとなくでも、わかったことは、大きくは以下の二つ。
下げたけれども、短期線である5日移動平均線の上で終わった。
16,000円が抵抗線として意識されているようだ。

私が考えていたシナリオ二つは、
25日線まで上昇して、そこからさらに上昇するか、下降するか、
というもので、
そういう意味では、今日すでに、前提が崩れ始めています。
つまり、25日線まで上昇しないで、このまま下降していく
可能性が出てきた、ということです。
これは、単なるシナリオのバリエーションではありません。

今日の下げを見て、明日、空売りを仕掛ける可能性も
十分に示唆されているということです。
少なくとも、16,000円をはっきりとした形で抜けていかないと、
私の最初のシナリオは成立しないのです。
すでに、その可能性が高くなっているということです。

明日、日経平均が、今日の足の安値を割って、
5日線の下に行くようだと、空売りです。

まあ、この乱高下のさなかですので、
事はそう簡単には思えないかも知れません。
でも、チャートをきちんと見て、周りの情報に惑わされずに、
積極的に仕掛けていく、とするならば、
答えはそうなります。

そういう時には、どうしても、仕掛けていいのかどうかの判断に
迷ってしまうと思います。
迷ってしまうなら、仕掛けたらいけないと思います。
トレードは納得ずくでないとキャリアにはなりません。
半信半疑の成功は無意味です。

でも、私は、こういう時こそ悩まないで行きたいものだと思います。
(こればかりは、人それぞれのやり方なので、
 おススメは、絶対にしません。念のため・・・。)

最近、相場で買っていった人たちは、今日がっかりしたはずです。
今日が、利益確定だったか、損切りだったか、
そういう人もいるはずです。
でも、今日仕切らずにいた人は、明日さらに下がったら、
「やばい!」と思うはずです。

ならば、売り、が正しいと思うのです。

シナリオは、いつも崩れますが、
次のシナリオは、またすぐに考えられるものなのです。

あくまで、私見ですが。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1506-7cf83170
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック