損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/28 持ち合い
今日の夜、ニューヨークが休場ということもあり、
日経平均はほぼ持ち合い。
狭いレンジの中で、上下しただけでした。

出来高も小さくなりました。

こんなときは、動く銘柄を探して、
ランキングなどを真剣に見たりします。

今は、全体に下降相場ですので、
探すのは、チャートは下げの形なのに、
何かの拍子(情報、ニュー)で、
急に上昇してきた銘柄です。

今日でいうと、
サニックス(4651)、日新電機(6641)、
のような形です。

下を向いている「日足」の75日線や25日線を、
突然に抜いてくるような上昇を示す銘柄は、
結局、その75日線や25日線の下まで、
値を戻すことが多いです。

なので、そのラインの上で「売り」指ししておくと、
約定した後に下げて、数ティック狙えます。

ただし、抜いてくるときは、
急上昇して来ますから、
仕掛けの「売り」を指値で待つのは、
本当にこわいものです。

約定した後も、そのままの勢いで、
一気に上に持っていかれそうな感じがするのです。

でも、いろんなチャートを見ていると、
いったんは多少上に行っても、
やぱり最後は戻ってくるのがわかるようになります。

ただし、要注意は、
「損切り」のポイント。

いわゆる「逆バリ」に近い仕掛けなので、
基本的には、売り値を上回ったら、
即「損切り」が基本なのですが、
そう言ってしまうと、「損切り」の確率も、
高くなってしまうと思います。

しかし、目標利益も、
デイトレとしてはそう大きく狙えませんので、
「損切り」も、幅は小さくていいと思います。

勢いが、とても強そうだったら、
注文を外すとか、
一回高値を付けた後、下げ始めるところで仕掛けるとか、
タイミングも、とても大事で、
ある程度習熟しないと、危険ではあります。

また、「指値」まで上昇してこなかったときは、
絶対に追いかけずあきらめることです。

今のような相場だと、
デイトレで、数ティック取るのも大変です。

上のような銘柄を見つけることも、
一つのテクニックとして、
覚えておいて損はしないと思います。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/151-2a495272
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック