損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/27 時差あり相場
昨夜のニューヨークダウは、
陰線ですが上昇の形のローソク足になりました。
先日、チャート波動局面での上昇を成立させ、
25日移動平均線から75日線までの、
上昇転換へのゴールデンロードを通っています。
教科書通りの道を順調に進んでいるといってよいでしょう。

そうはいっても、75日線が下向きのままですから、
いったんは75日線で跳ね返されるのが教科書の筋です。
跳ね返されないまでも、持合いとなる。
あるいは、いったん抜けてもすぐに戻る・・・とか。

一方の日経平均は、まだ明確な波動の転換は起きていません。
下降波動の中での上昇、持合い局面なだけです。
ニューヨークに追いつくためには、
25日線を抜けて、波動局面での上昇を作る必要があります。

この時差が生じてしまった決定的なわけは、
おそらく2/12の安値に向かう過程にあるわけです。
ニューヨークはそこで直近安値を割らなかったのに、
日経平均は、最安値を更新してしまったというところです。
そのことによって、日経平均は下降局面の継続になっているのです。

日経平均は、この25日線を目の前にしてのところ、
今後の上昇を実現したいなら、心して取り掛からなくてはなりません。
ここで跳ね返されてしまうと、ニューヨークダウとの乖離が、
ますます大きくなってしまいます。
正念場です。

ただ、私はトレーダーですから、上でも下でもどっちでもいいのです。
あるいは、ニューヨークと連動しようが乖離しようが、
まあ関係ありません。
むしろ、また25日線からの下げをお送りいただいた方が、
ボーナスが増えるというものです。

でも、下がるにしても、
上がらなければ下がらないという事情があります。
75日線までは上昇してもらって、そこからの下げを狙いたい、
というのが、本当のところでしょうか。

そういう意味では、ちょっと、早いとこ、ニューヨークダウに
追いついてほしいな、と思うところもありますね。
時差なし相場だと、やりにくいところもありますからね。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1515-e3fb5765
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック