損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/8 今日こそいったん終了
今日は下降のローソク足が出ました。
買い保持していた銘柄は、今日でいったん仕切りです。
むしろ、今日の足が出たことで、個別銘柄によっては、
売りのいいチャンスになったものもありました。

買いを仕切って、売りに回る。
そのチャンスを見つけられることが、
この下降、上昇の転換点を巡る相場での特徴です。

買いの場合の仕切りの基本は、
ローソク足の下降のときです。
あるいは、前日の足の安値を割った時、と言ってもいいでしょう。
ローソク足での下降の出現は、とりあえず、
トレンドの変化を示すものですので、
そこでいったん仕切りを考えて当然です。

利益確定でも損切りでも、それは仕切りという意味で同じです。
自分の仕掛けた方向に逆行するサインが出たときに仕切るのです。

ローソク足の逆行だけでなく、仕切りのポイントはあります。

・ボリンジャーバンド±2σからの飛び出し
・MACDの逆行
・移動平均線の割れ、抜け
・・・
どれを選択するかは、その時々の状況次第でいいかと思います。
そして、最初からそのポイントは決めておくことです。
決めたら変えないことです。

今回の狙いは、もともと下降相場の中で、
25日線から75日線までの上昇をとる、ということでしたから、
短期的な狙い、かつ相場に逆行する仕掛けではあります。
なので、毎日のローソク足の形で、すぐに仕切りもありうる準備で
仕掛けるべきところです。
なので、ローソク足の逆行で仕切り・・・で正しいのです。

25日線が少し下向きにあってきていることも、
上昇という観点からは、少し心配なところです。
はっきりしない相場の中では、強気の仕切り設定はできません。

いずれにしても、個別銘柄の形はまちまちです。
日経平均より一足先に進んだ銘柄では、
今日、下向き75日線からの下げを見せたものもあります。
これなどは、売りの一大チャンスになるわけです。

今日買いを仕切ると同時に、売りに入るという芸当も
できたわけです。

まあ、うまくやる芸当よりも、まずはきちんと仕切ること。
そちらの方が大切ですが。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1524-946e7b61
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック