損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/22 全銘柄を見よう
一目均衡表の雲の中を力強く上がっています。
落ちません。
さすがに、雲の下辺で耐えていただけのことはあります。

そう簡単に雲抜けできるわけもないと思っていましたが、
この根性なら、いけるのでしょうかね。

いずれにしても、個別銘柄は、それぞれの位置で、
下降相場から上昇相場への転換を狙っています。

すでに75日移動平均線を抜けて初動に入っていると
思われる銘柄もあります。
今日、ちょうど初動に入ったかに見えた銘柄もあります。
これから75日線を目指すような銘柄もありますし、
やっと25日線付近で波動局面の上昇を小さく成立させた
銘柄もあります。

程度の差はあれ、みな下降から上昇への移行という意味では、
同じなのです。

例えば、ファナック(6954)は、
今日、75日線下向きの中ではありますが、
小さいながらもトレンド転換になりました。
一応、チャート波動局面では上昇がありますので、
必ずしも、信じられないトレンド転換ではありません。

一目均衡表で見ても、日経平均と同じく雲の下辺で耐えて、
そこからの反転です。
これは、いったん買いでいいのではなかったでしょうか。
75日線までの上昇と、そこからのグランビル上昇の初動を
見込んだうえで仕掛けるのはありでしたね。

日経平均で見ると仕掛けのチャンスにはないとしても、
個別銘柄では、日経平均とほぼ同じような形でありながら、
その微妙な差が、チャンスのありなしになっていたりします。

個別銘柄も、できれば毎日たくさん見ておくのがいいと思います。
それも、繰り返しの効用につながりますし、
それだけ、チャンスの幅も広がります。

東証1部だけなら、全銘柄を見ても、
30分~1時間くらいで済みます。

できれば毎日、少なくとも週に1度は見ておきたいものです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
こんばんは。
お世話になります。

一時間で東証一部全銘柄のチャートをご覧になるとは、すごいですね。

私などせいぜい100銘柄が精一杯です。

どこに支持線や抵抗線があって、今どのような形になりつつあるのかを見ていると、本当に疲れてしまい、日によっては100も観察できないことがしばしばです。

昨日も、花王と日清製粉、どちらも似た形のように見えるが、やはりネックラインの位置を考えると花王の方が仕掛けるには有利かな、などと判断に至り、今朝トライしました。

両社のチャートを横に並べて見比べ、ああでもないこうでもない、とやっていると、時間があっという間に経ってしまい、もう今日はここまで、となりがちです。

一度に何銘柄も仕掛けるわけではありませんので、数銘柄、仕掛けチャンスと思える銘柄が見つかればよいのですが、もう少し楽に行える方法がないかなと、いつも思っています。

何か良い方法があればお教えください。

それでは今週もお疲れさまでした。

カケダシ
2016/03/25(金) 20:03:05 | URL | #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
カケダシ 様

コメントありがとうございます。

銘柄を次々と見るには、
1つの画面で、日足、週足、月足、日足の一目チャート、
そして、信用取組などの文字情報が、見られるようにすることが
必要です。

1画面で見られれば、1クリックで1銘柄を総覧することができます。
これを、次々と画面を変えてみていくのです。

日足の直近の形だけ見れば、
そもそも、仕掛けの対象になるかどうかはひと目でわかります。

対象になる銘柄は、他の部分にも目をやって、
確認していけばいいのです。

対象にならない銘柄は、1秒で次の銘柄の画面に移動です。

そうやっていけば、時間をかけずに全銘柄を見られるのです。

1画面で見るためのツールは、
それなりにあります。

まずは、いろいろ、調べてみてくださいませ。

取り急ぎ。。。
2016/03/27(日) 00:02:47 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1538-3a9e99ca
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック