損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/24 持合い基準
昨日はブログを休んでしまいました。
とても数は少ないと思いますが、期待されていた方には、
本当に申し訳ありませんでした。
夕方以降、昔の職場関係の方々と飲み会の予定を
入れてしまっておりました。

3人の飲み会でしたが、すっかり盛り上がってしまい、
深夜に帰りつき、記事も書き始めはしたのですが、
途中で自分でも気づかぬうちに眠りについていたのです。
不覚にも目が覚めたのは朝でした。

昨夜書こうと考えていたのは、
ローソク足の形についてでした。

昨日のローソク足は、陰線でしたが上昇の足だということを
言いたかったのです。

このブログでは、何度も何度も、
本当に繰り返し書いていると思いますが、
陰線だから下げ、という単純な見方は止めましょう。
陰線の翌日は陰線と決まっていませんし、
陽線の翌日が陽線とは決まっていません。
その傾向が強いわけでもありません。
(ちなみに、今日は陰線の翌日の陰線でしたが・・・)

その日その日の動きを見るには、
その日の高値安値を見ます。
今日の高値が昨日の高値より高いかどうか。
今日の安値が昨日の安値より安いかどうか。

高値は高く、安値も高ければ、
それは上昇のローソク足です。
たとえそれが陰線であってもです。

反対に、たとえ陽線であっても、
高値は昨日の高値より安く、
安値も昨日の安値より安ければ、
それは、下降のローソク足なのです。

ローソク足の局面での上昇、下降というのは
そういうことです。
これは、チャート読みの基本中の基本です。

だから、昨日のローソク足は上昇の足なのです。

一方、今日のローソク足は下降です。
陰線でもあるので、今日の下降は、まあわかりやすいところ。
それでも、粘っています。
私には、一目の雲中を堂々と進んでいるように見えます。

ニューヨークダウは、反転下降のトレンドに入りそうな
感じですが、そこは今日の様子も見てからですね。
ニューヨークが大きく下落などしてしまうと、
日経平均も横へ倣えになりそうな気がします。

まだまだ不安定ではあります。
相場の変わり目ですから、さもありなん・・・です。
一日一日、展開がコロコロ変わっていくような相場ですが、
それは今に始まったことでもありません。

ローソク足の毎日の位置関係をしっかり見ながら、
地に足をつけて追いかけていきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1539-6af9f316
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック