損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/5 反省点
やはり下げは早い、と改めて感じてしまいます。
一目均衡表も何もあったもんじゃないですね。
「変化日が・・・」なんて騒いでいた自分が恥ずかしいです。

株の行方の予測については、
当たり外れは問題外と思ってはいますが、
そうはいっても、自分が書いたことと全然違う展開が目の前で
起こると、ちょっと情けない気持ちにもなります。
予測の結果については、実害も実益もありませんけれど、
書いて公開してからは、文章は自分とは別の流通を
してしまうと思います。
それが嫌なら、自分の分を公開などしない方がいいのでしょう。

このところ、一目均衡表の雲のことばかり書いているので、
読んだ方から、お叱りを受けてしまいました。
同じようなことばかり書いているので、あきれられてしまいました。

このようなご意見をいただくことで、
自分の至らないこともわかったりしますので、
非常にありがたいと思います。
自分を外から見る、というのは実はなかなかできません。
自分だけはできている、と思いがちなんですが、
それでもやはりできていないことが多いと思います。

その結果、自分が世の中を見る目に死角ができてしまいます。
そして、死角があることにも気が付かないのです。

このブログのような、ただの個人ブログに意見するなど、
その方には何のメリットもないわけです。
それでも、意見していただけるというのは、
本当に、望んでも得られないこと、貴重なことだと思います。
なにはともあれ、きちんと振り返るべきだなと感じた次第です。

私は、この間、日経平均と一目均衡表の関係に、
非常に注目してきました。
それは、間違っていたとは思いません。
ほぼチャートだけをトレードの武器にしている私としては、
他に見るものも大してはありません。

でも、そこで、私が見えたことを、生でそのまま書いてしまうと、
なかなか理解されないと思いました。

「書く」ということは、「書かない」も含めての誤解を生むのです。
「書く」のは、当然に興味があるからなのですが、
興味があるから書いた、ということは、
書いてないことには興味がないのだ、と思われてしまうということです。

それが数日続けば、
「この人は、このことにしか興味がないのだ」と思われるわけです。

まあ、よく考えれば、至極当然のことです。

授業で一度も話されていないことが試験に出れば、
中学生だって文句を言うでしょう。
ブログ(だけでなく文章すべて)は、読む人にとっては「それがすべて」です。

できるかどうかはともかくとして、
そういう意識は持っておこうと思います。

今の日経平均、東証1部の相場。
注目は、ボリンジャーバンド、25日移動平均線の向き、
2月12日の最安値。

そんな感じです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1550-8541cffd
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック