損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/10 面白い形
東芝(6502)の日足チャートの形です。
先週書いてきた、ボリンジャーバンドの形として、
特徴的なものなので、取り上げてみます。

東芝は、2013年の高値を最後に、高値の更新がなく、
2015年に入って以降は、ずっと下降相場を続けています。
500円の株価が、200円まで下げてきています。

私は、企業業績のニュースなどは、
トレードにほぼ生かすことはありませんから、
トレードに関する限り興味を持ちません。
しかし、東芝の状況については、
いろいろなところで聞いたり読んだりはしています。
一言でいうなら、経営の問題が株価に大きく影響してしまった
ということなのでしょう。
ちょっとなかなか、回復の芽はないようにも思えます。

ただ、日足のチャートを見てみると、
2016年の2月をもって、下降の波動は終わっています。
持合いの形になって、今まさに、75日移動平均線突破に
挑もうとしているところです。
このところの持合い状況を反映して、
ボリンジャーバンドが、収縮してきています。
かなりすぼまってきています。

(東芝日足チャート)
→すいません!!
 何の説明もないチャートですが、ご容赦を。

ボリンジャーバンドの究極までの収縮があって、
そのボリンジャーバンドの中に、75日線や25日線、5日線が
3本とも入ってきていると、持合い放れのパワーが
相当に溜め込まれていることが想像されるわけです。
この形は、上か下かに大きく暴発する形です。

もうしばらく、持合いが続いて、
さらにボリンジャーバンドが狭くなってくると、
いよいよ、発射秒読みとなります。

上に暴発するのか、下に暴発するのか、
それはその時々でわからないのですが、
今の状況だと、長い下降相場の後の持合いですから、
75日線から上への暴発の可能性が高いように思います。

これは、あくまでチャート分析上のテクニカルの話であって、
東芝の情報にどう関係しているのかは、まったくわかりません。
ただ、チャートの様子は、すべての情報やニュースを織り込んで
いるのですから、暴発するにふさわしい何らかの情報が
あるのかも知れません。
そこは、私の興味の外のことではありますが・・・。

全体相場の状況は、売りの場面なのですが、
211円をつけることがあれ、この東芝を買いで仕掛けてもいいかなと
思います。
いや、もう少ししばらくの持合いを待つというのもありますが、
仕掛けてもいいかと。

この形は、これまでも何度かこのブログで紹介したことも
あったかと思います。
ボリンジャーバンドの見方の一つとして、
参考になれば幸いです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1554-650ae50c
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック