損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/11 ローソク足の持合い継続
日経平均は、持合い継続のローソク足となりました。
先週末に少し大きく上昇したのですが、
上昇継続とはなりませんでした。
出来高が本当に減ってきてしまいましたが、
この出来高で持ち合っているところを見ると、
売る人も買う人も少なく、様子見なのでしょう。
本当にまだまだ、何もわかりません。

そんな中で、昨日挙げてみた東芝(6502)が、
仕掛けの金額をつけてきました。
もう少し持ち合ってから・・・という考えもあろうかというのは、
昨日も書きました。
しかし、まあ、買い。

すぐに仕切りになってしまうのか、少しは保持できるのか、
もしくは目論見通りの利益になるのか。
直近安値の198円を割っていくならば損切りです。

ここから、グーンと上昇して、一目均衡表の雲を抜け、
ボリンジャーバンドが上下に大きく開いてくるなら願ったりです。
その時は、利益確定できると思います。

いずれにしても、仕掛けてしまったからにjは、
あとは見ているだけです。
上昇しようが下降しようが、他にどうしようもありません。
利益確定は、できるだけ長く引っ張る。
損切りは、できるだけ早く・・・といったところで、
決めたポイントに来ないのであれば、触ることもありません。
少しばかり工夫がいるのは、利益確定の方でしょうが、
それも短期勝負なら限度があります。

今は、日経平均の全体相場が、どちらかというと下げ。
持合いの中で、本当にどうなるかはわかりませんが、
下げの指標ばかりであることは確かです。
さほどの期待はできないかと覚悟はしています。

もちろん、日経平均のチャートに比べると、
東芝のチャートは、上昇の可能性が高いチャートだとは思います。
(だから、仕掛けてみたわけですが。)
それでも、やはり、大事なのは日経平均なのであって、
東芝のような銘柄は少数派だと自覚します。

日経平均が持合いのうちに、
ソニー(6758)や、DeNA(2432)のような銘柄は、
上昇しています。
両方とも、グランビル上昇の初動が終わって、2回目の上昇に
入るところです。
日経平均が、上昇基調にあれば、何も言わずに買っていくところですが、
今の状況だと、「ちょっと待て」が入ります。
そういえば、両方とも、まだ75日移動平均線は、下を向いています。

まあ、強気にはなれないところですかね。
横目で見るだけにしておきます。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
おはようございます。
お世話になります。

先日、東芝を例に挙げ、収縮しているBBの中での仕掛け方を教えていただき、有難うございました。

例として東芝の過去のチャートで、BBの収縮からその後大きなエクスパンションに至るまでの過程で、株価と移動平均線がどのような位置関係にあったかを観察してみました。

お陰で、123で習った収縮したBBでの仕掛け方、思い出すことができました。
有難うございました。

最近の東芝は、収縮期間という点では極めて短いですから、123で言うところの仕掛け方はまだ当てはまらないのではないかな、と私は思いました。

しかしG/Cもした直後であり、25日線でのトレードを考えているトレーダー達にとっては、昨日(4/11)は仕掛けの日だったのでしょうね。200円の節目も固そうですし。
偉そうにそんなことを書いている私は、買っていませんが・・・

他にソニーと、DeNAも先週末に買ってしまっていますので、もうお腹がいっぱいです。
でも何だか最近は、ブログの記事とリンクしたようなトレードをしているなー、という感想をもちました。

それでは今日も頑張ってください。

カケダシ
2016/04/12(火) 07:15:25 | URL | #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
カケダシ 様

いつもコメントありがとうございます。
返信遅くなりまして、
これもいつもながら申し訳ありません。

相場が上げていますので、買いは、うまく行っている
状況かと思います。

東芝は、スプラッシュ狙いとしては、
まだまだ持ち合い期間は短いです。
でも、まあ、仕掛けてはだめというには、
そこまで悪くもない、というところでしょうか。

なかなか東証一部のメジャー銘柄で、
このような形が少ないので、
出しておきました。

カケダシ様のトレードも順調な様子ですね。
とにかく、一つづつ、機械的にやることです。
それだけで、スキルのステージは、上がります。

私も頑張っていきます。

2016/04/13(水) 12:08:47 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1555-d0497b6f
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック