損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/18 原因はあまり関係なく
いろいろとマイナスの要素が重なったんだと思います。
しかし、理由はともあれ、日経平均はちょっとした暴落。
一気に、ギャップを空けて、25日移動平均線の下で
寄付き、一目均衡表の雲の下辺まで落ち込みました。

ここで、また一目です。
結局、日経平均は、雲を抜けることができずに、
下辺まで落ちてしまいました。
ただ、雲を割ってはいません。
なんとかぎりぎり、下辺ぴったりでおさまったのです。
それだけ、意識されてるんです、やっぱり。
でなければ、日足チャートの何もないところで、
空中ブランコはできませんから。

先週は、五分五分よりは上昇に分があると書きましたが、
そうではなくって、いったんは落ちてきました。
でも、こうもギャップを空けられてしまうと、
簡単に売りの仕掛けができるわけもなく、
スイングには厳しい動きになりました。

また、こうも下落すると、みんな「何でだ?」となります。
ネットでは、原油価格のこととか、地震のこととか。
だから、そういう中で復興需要に絡んで建設株が上昇・・・
といったことが話題になります。

でもそのあたりの話題は、トレードに関する限り、
あまり知らなくていいと思います。
情報は、一般人のところに来るときには、もう遅いのです。
情報にうまく乗れるのは、プロだけだと思ってよいと思います。

そして、一般人が、「いつ仕掛けるか」を知ろうとしたら、
チャートに頼る以外にありません。
「買いだ、買いだ、というので買ってみたら高値づかみ」というのが、
一般人の典型です。
だから、そういう仕掛けはしたらダメです。

くれぐれも、「情報がネットに出てきたら、もう遅い」と心得てください。

明日のことは、やはりわかりません。
反発する可能性もあるし、続落する可能性もあるでしょう。
今日、大きく下落してしまったことで、
とりあえず、早々に上昇のチャート波動を形成することは、
なくなりました。
持合いのチャートです。

銘柄次第で、買いって行くのも、売って行くのもありですが、
無理はしない方がいいです。
どちらにしても、日経平均を見る限り、
明日が大きなチャンスとなることはないかなあ、と思います。
(それだって、わかりません。個別銘柄次第です)

まあ、驚くことなくチャートで動きましょう。
日経平均の動きを見ていると、ついつい、
手出ししたくなってしまうものです。
でも、我慢です。なんとか我慢。

すぐにまた、チャンスはやってきます。
無駄な経費は使わずに、チャンスの時を待っておきましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1562-ec29b0ea
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック