損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/24 今後のシナリオ概説
日経平均は、グランビルの上昇の初動に入ったとみています。
この初動というのは、その時点では初動かどうかはわかりません。
初動なのかどうかは、2回目の上昇が来て初めて判断ができます。

日経平均は、この1,2週間の上下の動きとは裏腹に、
極めて典型的に、初動に入ってきたように思えます。
ということは、今後も一つのシナリオとして、
典型的なグランビルの上昇の波動を描くというのが考えられます。
では、典型的な次の動きとはどういうことになるのでしょうか。

現在の日経平均の位置は、
すでにボリンジャーバンドの+2σに近づいています。
今は、ボリンジャーバンドが狭くなっているところではありません。
だから、株価がボリンジャーバンドを飛び出すと、
ボリンジャーバンドの中に戻ろうとする動きになるはずです。

ただ、よく見ると+2σのラインは、
急速に広がろうとしているように見えますから、
もう少し、その広がりとともに上昇を続けるかも知れません。
しかし、いずれは上昇を終えて、下降の局面になるでしょう。

おそらく、下降の局面に入るときに、
いったんMACDがデッドクロスするはずです。
そこは、現在買いで保持しているトレーダーの、
絶対の仕切りの場になります。

その頃には、順当に行けば、
75日移動平均線は上向きとなり、
25日線とのゴールデンクロスも済んでいるはずです。
そして、いったん下降局面に入った株価は、
どこかでゴールデンクロス後の上向き25日線にぶつかります。

そこが、まず第一の判断の場面になるでしょう。
25日線にぶつかって反転するのか、そのまま下に行くか。
反転するなら、トレンドライン抜けが買いのチャンスになります。
それが、グランビル上昇の2回目の始まりになります。

短期のトレンドを狙うスイングトレードの場合、
「買い」の最大のチャンスは、このグランビル上昇の2回目です。
かなりの幅の上昇トレンドが期待できる場面です。
どんなトレーダーでも、逃してはならない買いのポイントです。

25日線からの反転に失敗して下降したとしても、
その下にある上向き75日線からの反転。
そこが、さらに大きなチャンスになります。
ここでも、買いのタイミングはトレンド転換です。

グランビル法則に基づく、買いの仕掛けは、
スイングトレードの中でも基本中の基本。
他はどうであれ、ここだけは仕掛けた方がいいという、
非常に重要なチャンスです。

いつになるかは、今の段階ではわかりませんが、
近いうちに、必ず来ることだと思います。

考えられるシナリオは、これだけではありません。
しかし、まずは、一番典型的に考えられる上のシナリオを、
考えずには先に進みません。
後のシナリオは、すべてこの典型的なシナリオが崩れた時の
考え方のバリエーションになるだけです。

期待して待っていていいと思います。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1567-9d65aaab
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック