損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/27 デッドクロスとゴールデンクロス
75日移動平均線と25日線のゴールデンクロスが目前です。
75日線はまだ微妙に下向き、といったところですが、
25日線は少しづつ上向きです。
どうあっても、ゴールデンクロスになるのでしょう。

一方、デッドクロスしそうなのがMACDの方です。
こちらは、目前かどうかは何とも言えませんが、
今日で3日連続の凹みを見せていますから、
これもまた、時間の問題だろうと考えられます。

日経平均の日足のMACDがゼロラインより上でデッドクロスしたなら、
問答無用で買いは仕切りです。
これまでにも、たくさんの賛否両論をいただきましたが、
これは、私が金科玉条としている絶対のルールです。
決して押し付けているつもりではありませんが、
ブログに何度も何度も書いている、ということは、
いつも読んでくださっている方からすれば、
押しつけにも等しいとは思います。
でも、私は、それならそれでもいいと思っています。

このルールのためにバカを見ることもあります。
私も何度もすかされましたし、逃したなと思うこともありました。
しかし、その程度のリスクなら、まったく問題になりません。

MACDのデッドクロスは神のお告げです。
これまでの日経平均の歴史の中でも、
何度となくウルトラCをやってきたのがMACDのデッドクロスです。

もちろん、相場に神様が宿っているとは、
少なくとも私は思いません。
神を信じて相場をやるなどあり得ない・・・と思っていますから。

「おそらく、わかっている人にはわかっているんだ」

この言葉も、かなり宗教がかってはいますが、
それが真実なのだろうな、と私は考えています。

大地震は、決して予測できるものではありません。
だから、MACDが自信を当てるなどといった夢物語は
言いっこなしです。
でも、大地震がなかったとしても大きな下げが来る流れだったのだ、
となれば、俄然真実味は増してくると思います。

ましてや、経済の破たんなどは、
きっと、どこかに小さな兆候くらいは出ているはずなのです。
本当に誰も知らなかった・・・なんて、あり得ないのです。
そして、知っている人は、そのときすでに動いているのです。
だから、チャートに現れてくるのです。

損切りできないというリスクに待ったをかけるのが、
MACDのデッドクロスです。

それは、移動平均線のゴールデンクロスなんかより、
よほど重大な現実的なサインである可能性があるのです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1570-050b063a
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック