損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/6 今日はデイトレ日和
日経平均は、ローソク足の局面で持合い。
前場は下げて、16,000円を割る場面もありました。
それでも月曜日の安値には到達することなく反転。
後場には、上昇に転じました。

スイングでは、何もできない展開で、
私は予定通り、スイング仕掛けはしませんでした。
逆に、デイトレには都合のよい流れだったかと思います。
前場、後場ともに、しっかりと分足トレンドが出ました。
非常に仕掛け易いトレンドだったと感じました。

私の場合は、デイトレでも重視するのは日足のチャートです。
最終的な仕掛けポイントは分足や板を見ながら決めますが、
いつも日足がベースです。
日足のポイントが、分足でもポイントになることが多いです。

スキャルピングやリバウンド狙いといったデイトレならではの
瞬間芸はほとんどやりません。
それなりの感覚やスキルがないと、コンスタントに利益になることはない、
と考えていますから。

分足のチャートの見方は、基本的に日足と同じです。
移動平均線を中心に、ローソク足の上昇・下降の関係、
波動局面での上昇・下降の関係に注意を払って見ています。
MACDや一目は、分足では全く見ませんが。

分足での仕掛けのポイントは、
大体のところトレンドライン抜け、割れが多いです。

波動の展開を見ながら、3回以上の波動があったら、
そろそろ反転・・・と意識しながらチャートを追います。
例えば、買いならば、下降から上昇に転じるところを狙います。
波動があるのに、安値を更新しなくなったら、そろそろ上昇です。
持合いから、トレンドラインを抜けるところを狙います。

例えば、今日の日経平均の5分足で見ると、
13時10分すぎあたりからチャンスが来ています。

5月6日 日経平均5分足
本日の日経平均5分足(クリックすると大きくなります)

寄付きから、下降波動が3回以上きたあと、
安値更新がなくなり、持合い放れのローソク足が出たときが、
買いに入るチャンスでしたので、
そのタイミングで、個別銘柄を見つけられていたかどうかです。

あとは、思惑に反して波動の下降が起きるまで、
買い保持のまま放っておけば、大引けまでに利益が出ています。
「放っておく」というのは、なかなかにできないことではあるのですが、
これも成功体験と慣れです。
損切りの逆指値注文を入れたら、後は見ないということでいいのです。

デイトレも、波動の追いかけとローソク足の動向です。
スイングの1日が、デイトレの5分です。
(5分足でも3分足でも、これまた基本は同じです。)
デイトレの方が時間がすぐに経ってしまう分、
判断時間が少ないので、より基本が深く身についていないと、
難しいということになるでしょう。

でも、スイングでトレンドをとれる人は、デイでもトレンドをとることが
できると思います。
基本動作は同じなのですから。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
こんにちは。
お世話になります。

デイトレをする場合の着眼点を教えて頂き、有難うございました。
チャートを貼り付けるのは手間がかかって面倒でしょうが、このようにして頂くと大変分かりやすいです。

私も昨日は二銘柄デイトレをしました。

デイトレは、分足でずーっと株価の動きを追いかけ、描かれていくチャートに何本かのラインを引き、今はボックスだなとか、なんだかダブル底らしいなとか、いろいろ想定し、じゃ、ここをブレイクしたらエントリーしようと前もって考えておく必要がありますよね。

そして、そのポイントに来たなら躊躇せず実行しなければ、アッという間に置いて行かれます。

躊躇して眺めてしまい、その後も見送ってしまうなら、儲けそこなうだけで別に害はないですが、良くないのは、我慢できずに途中で飛び乗ってしまうことですね。

私は過去に何回かそのような失敗をし、痛い目にあいました。

チャンスにエントリー出来なかったらもうその銘柄は諦め、別の銘柄を観察した方がよいと、今は思っています。

同じ銘柄だと、その時点ですでに儲けそこなっているという焦りがあるため、エントリーポイントでもないのに無理をしてエントリーポイントを探そうとしたり、或いは自分のスキルでは難しい、そしてロスカットも深くなり過ぎるようなポイントでエントリーしてしまう、そのような危険な傾向に陥ってしまう恐れがあると思います。

その様なリスクから遠ざかるためにも、他の銘柄をウォッチして、新鮮な気持ちでチャンスを待つのがよいかと、・・・。

昨日トレードしたなかの日産は、後場寄り付いたと思ったら、あれあれという間にレンジをブレイクしてきましたので、すぐにエントリーしました。
その後は、ふるい落とされずになんとか前場高値付近まで喰らいついて行くことができました。

しかしもう一つのソフトバンクは、2時過ぎ、日経のダブル底突破のタイミングに、ちょうど同じようにダブル底を突破しましたからエントリーしましたが、大きく下げた割には反発する力が弱く、期待外れの結果に終わりました。

逆にこの銘柄を朝から売りで入れた方は、昨日は大変美味しい一日だったでしょうね。


さあ、連休も残すところあと一日です。
来週に備えてリフレッシュし、頭を柔軟にしておきましょうか・・・

それでは失礼します。

カケダシ
2016/05/07(土) 14:44:49 | URL | #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
カケダシ 様

いつもコメント感謝です。

デイトレでも、スイングでも、
予定のなかった銘柄を場中に発見するのは、
いつものことで、
仕掛けるまでに時間がないことも多く、
なかなか仕掛けに踏み切れないことはよくあります。

また、準備してい置いた銘柄が、
思惑通りに動いてくれることも案外少ないものです。

さらにいえば、ご指摘のように、
チャンスが来たのに、何らかの理由で仕掛けられなかった、
ということもあります。

うまくいかないときは、
本当に、やることがことごとく外れてがっかりします。

不思議なものですが、
そういうものですよね。

仕掛けるときは、
どんな場合でもリスクがあります。
小さくしようとしても、一定のリスクは伴います。

なので、最低限、このリスクに関する覚悟が整ったうえで
仕掛ければよいということにしています。

仕掛けられずに行ってしまったものは追いません。
チャンスは逃したら、また来る時を待つしかないと思います。

去るものは追わず・・・です。
たかが銘柄ですから。
これを逃したら終わり、なんてありえないので。

まあ、結構逃しますよ。
そんなもんです。

2016/05/09(月) 01:00:24 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1580-8312af76
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック