損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/11 ダメですねえ
昨夜のニューヨークダウは、長い陽線を出してきたので、
日経平均もいい感じで、と期待半分に見ていました。
が、最初だけでした。
75日移動平均線に引き戻されて、またまた振り出しです。

一目均衡表で見ても同じ状況です。
こうもあっさりと雲抜けで寄り付いた感じで、
上がるのかなあ、と思ってもいたのですが、下げました。
また、苦しい雲中に引きずり込まれてしまいました。

25日線は割らずに持ちこたえましたけれども、
この弱めの動きでは、買い待ち派は心もとないですね。
まあ、我慢です。
焦ったところで、考えたところで、何も変わりません。

で、どうしましょうか?

短期なら、買いだけでなく、売りも行けますね。
日経平均がぐだぐだしてる間に、
上がる銘柄、上がらない銘柄が分かれてきました。
日経平均が上げるなら短期で買い。
下げるなら短期で売りです。

上がれば買い、下がれば売りなんて、
本当に当たり前のことを書いてすいません。
しかしながら、当たり前のことをきちんとできるというのは、
極めて大事なことなんです。
下がれば買い、という人だっていますしね。

というより、普通の消費者感覚だと、下がれば買いなのです。
本能的には、それが正しいのです。

でも、トレーダーの株頭は、そうではないのです。
別に消費するために株を買うわけではありませんから当然です。
自分が消費するなら、安い方がいいに決まっています。
でも、買ったら売る必要があるトレードでは、
売れるような株を買わなくてはならないのです。
何で下げたときに買うのでしょうか?
(またまた逆張り批判になってしまいました。
 読み飽きてる方には申し訳ありません。)

割安感は、情報で株を買う人の言い分です。
短期のトレーダーに、割安も割高もありません。
買うのであれば、要は上がっているのかどうなのか、
それだけです。
そして、上がっているという事実があるから買うのです。

上がれば買い、下がれば売り。
当たり前ですが、これができれば、立派なトレーダーだと思います。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1583-db60b4c8
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック