損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/30 もう下がらないなんて
日経平均が、念願の17,000円抜けです。
下から上に、しっかりと陽線で抜けてきました。
微妙に下げてきていた75日移動平均線も、
今日の上昇で、これまた微妙ですが上向きになりました。

こうなると、なんとなく、これからは上昇一途、
みたいな感じがしてきます。
そういう目で、個別銘柄を見てみると、
どれもこれも(とは言い過ぎですが)、
どれもこれも買い銘柄に見えてくるから不思議です。
強いと思われたパーティションを抜けたのですから、
それも当然です。

まあ、少なくとも持合いは脱したと言ってもいいでしょう。
今日の陽線は、それだけの価値はあると思います。

ただし、ここから上昇一途かというと、
「そんなことはわからない。未来のことは、いつもわからない。」
とぃうのが正しい判断です。

そんなこと言ってたら何もしかけられないじゃないか!
と思うかもしれません。
でも、自分の頭が、あるいは世間の頭が、
みんな一つの方向に向いているように見えるときは、
要注意なんです。
なにはともあれ、要注意。

目がくらむとか、周りが見えなくなるとか、
本当に、こういう時の様子を言うのです。

特にトレードは、「さあ、ここからだ!」と思った瞬間に、
悪夢が始まっていることも多いのです。
だから、いつも、いつも、冷静に、冷静に、
思い込んでいるときに、「ちょっと待て。」と思う余裕が必要です。

本当に、こおから上がるか?
誰も、自信をもって答えなんか出せません。
当たり前のことなんです。
わかるわけがないじゃありませんか。

決して買いの仕掛けにブレーキをかけろと
言っているんじゃありません。
仕掛けのチャンスにある銘柄は、たくさんあります。
チャンスが来たら、仕掛けて当然です。
これまた、トレードをやる身にとっては当然の話。

ただ、意識を一方向に向けてしまうと、
何かあった時に対処できなくなる、と自分に警告したいのです。

ざっと見た個別銘柄の中で、
日立造船(7004)。
すごくいいです。
きれいなトレンドラインが描かれています。
25日線で、このトレンドが転換するのかどうか。
したら「買い」ですよね。
私なら、なにはともあれチャンスだと思います。

でも、そういう見た目の勢いのままに、
日経平均の勢いの背景のもとに「いったれ」と仕掛けるときに、
ついつい、損切りラインの設定を忘れたりしませんか?
私なら、ついつい、忘れてしまいそうです。

言いたいことはそれだけです。

流れに掉さすつもりは毛頭ありませんが・・・。

どうしても、自分のために、書きました。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1601-2f0f3349
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック