損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/6 ボリンジャーバンドの収縮
やはり下から始まりました。
そして、そこからは下げるのではなく上昇しました。
しかし、75日移動平均線を抜けることはなく、
昨日のローソク足とのギャップも埋められぬまま、
終わりました。

いったん放れたかに見えた持合いの状況は、
結局、続いていると言っていいでしょう。
先週前半の上昇は、ダマシであったと決めていいと思います。

さて、今日、少し注目したのはボリンジャーバンドの動きです。
急速に縮んでできましたね。
株価が収縮の持合いを示しているときには、
ボリンジャーバンドもこのように収縮します。
先週のダマシの上昇の時には一瞬、開くような流れになりました。
しかし、やはり収縮の持合いということで、縮んできたのです。

持合いの後には、持合い放れがあります。
そして、ボリンジャーバンドが収縮しているときには、
株価は一気にボリンジャーバンドを飛び出し、
放たれていくのです。

一方で、25日線が75日線をデッドクロス寸前。
こちらはこちらで、下げのサインになりますが、どうなのか。

どうにもこうにも、不安定な要素が多く、
上とも下とも判断がつきにくい状況は、相変わらずですが、
この収縮状況のサインを見ると、
今日の下げが一気に続くとは言えないようにも思います。

要は、恐れることもないし、焦ることもないということ。
持合いなら、個人投資家はお休みです。
特別な個別銘柄を見つけられればいいですが、
そうでなくて、トレンドフォローをしていこうというなら、
基本スタンスはお休み、ということになります。

いつも思うことですが、私には、このような持合い相場を
決定的な利益にできるようなノウハウがありません。
トレンドフォローを基本とするスタンスでは、
それは望めないと思っています。
もしかしたら、それはトレード能力の不足なのかもしれません。

私は、持合いの時には、基本的にデイです。
スイングは難しいと踏んでいます。
それゆえ、スイングの本格的なチャンスは1カ月に
2-3度あればいい方・・・なのです。

私は、そんなペースでも十分と思っています。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1607-9d4dac72
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック