損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/14 下降波動の成立です
続けて一気に下降が来ましたね。
そして、一気に安値の更新。
チャートの波動局面での下降が成立しました。
もう持合いとは言えません。
上昇するかと思ったのですが、
あにはからんや、結果は下降でした。

今日は、9時半過ぎからはデイトレの空売りデーでした。
すごくわかりやすいタイミングで、下げが来ました。
しかしながら、個別銘柄はそれぞれの乱高下をしており、
日経平均の単純なコピーとも言えず、
そう簡単に利益にできなかったかもしれません。
ただ、日経平均が、ここまで典型的なチャートになれば、
どうにかはなるものです。

日経平均は、その後、3回程度の分足下降波動からの持合い。
そして、お決まりの反転上昇。
これも、ほぼ教科書通りで、買いのタイミングでした。
こちらも、利益確定のルールによってはなかなかの利益でしょう。

日経平均が、ここまでデイトレ向きの典型的な動きになるのも、
珍しい気がします。
寄付きからの乱高下があり、そこにパーティションができ、
パーティション・ブレイクからトレンドが出て、
3回程度の波動で最安値がつくという展開。

そして、そこから持合い、またパーティションを形成。
そこをブレイクして反転していくという展開。

トレンドフォローのデイトレーダーからすると、
願ったり叶ったりの大チャンスが今日でした。
教科書に乗せてもいいような分足チャートだったと思います。

一方で、スイングトレーダーとしては、鳴かず飛ばず。
どうすることもできません。
日経平均がボリンジャーバンドを抜けたり割ったりした後からの
仕掛けなんていうのは、スイングにはありません。
日経平均とは無縁の個別銘柄に目をつけるしかありません。

デイトレは日銭、スイングはボーナス。
でも、だからこそ、デイトレは本当に疲れます。
汗をかくこともしばしばです。

でも、スイングも、これまで私が書いてきたこととは違う方向で
本当に恐縮ですが、
ようやく売りの芽が出てきました。
上に書いたように、今じゃありません。

75日移動平均線や25日線の様子の変化にもよりますが、
次は、そういう重要なラインまで反転してきた時です。
移動平均線だけでなくて、それは16,000円ラインかも
知れませんし、6/6の安値のラインかもしれません。
いずれにしても、そのラインまでj反転してきた時に、
再びの反落を狙っていくというのが、
次の売りの基本スタンスでしょう。

も少し先でしょうね。
私の見立てでは。

でも・・・もちろん、それは単なる予測です。
ご留意を。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1614-0c622789
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック