FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/10 今週の考え方
先週は、日経平均が直近最安値で始まり、
そこからの赤三兵の反転上昇がありましたが、
金曜日の下降で再度8,500円を割り込みました。

ポイントとなる場所は、
近いところから言うと、
上には・・・
「日足」の5日線、
6月8日(金)の高値、6月7日(木)の直近高値、
「日足」の25日線。
下には・・・
6月4日(月)の直近安値(年初来安値)、
ボリンジャーバンドのー2σ。

上下に、いろいろあるとなると、
どうも、しばらく持ち合いになるのかなあ、
などとも思えたりします。

昨日の朝見た感じだと、ニューヨークダウ平均は上昇。
しかし、25日線にしっかり頭を抑えられています。
CMEもさほど上昇していません。
今週は、まず一度は反落していきそうな様子です。

やはり、目線は「売り」でいいと思います。
日によって上昇があったとしても、
「売り」の目線で上昇をやり過ごす必要があります。

私は、先週ここでしくじりました。

やり過ごすべき上昇を、「売り」向かってしまいました。
当然に「損切り」となりました。

これは、なるべくしてなった「損切り」で、
少なくとも「勝ち」にはなりません。

仕掛けのミス・・・です。完全な「負け」。
「損切り」以前の問題で負けていました。

このあたりは、メンタルも大きく関わって来ます。

目の前で、日経の急上昇を見たりすると、
「売り」でも「買い」でも、
ついつい手を出したくなるのです。

ちなみに、「売り」目線とうのは、
ひたすら「売り」のチャンスを探していく、
ということです。

「買い」のチャンスが見つかったとしても、
自分の中では、削除、無視、ということなのです。

いろんなトレード手法がある中で、
個人投資家は、
そのすべてを臨機応変に使って行くなんて、
とても無理だし、効率よくありません。

だから、個人投資家としては、
手法を吟味、選択し、
自分に合った大切なものだけを武器にして、
ターゲットを絞りに絞って戦うのです。

「戦う」、というよりむしろ、
「ついていく」(銘柄の動きに)という感じでしょうか。。。

今週も、明日からがんばって、
「ついていく」ように、振り落とされないように、
慎重に進めたいと思います。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/163-c6bc90b7
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック