損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/2 スイングでも業種別
個別銘柄がなかなか見つからないときには、
業種別チャートから絞り込む、ということを以前に書きました。
(本年5/22「業種別チャートを見よ」ご参照)

この時は、デイトレにおいての業種別チャートの効率の良さを
書きましたが、当然にスイングの目ギアら探しにも役立ちます。

今の日経平均下降相場の中で、売り銘柄を探そうとするとき、
それが容易に見つかるなら、それでいいのですが、
探しあぐねるなら、
まずは手っ取り早く業種別のチャートを見てみましょう。

ざっと見ると、今でいうと、
情報・通信、建設、陸運の3つが、月曜日からでも
売り仕掛けられそうな形になっています。

3つとも、大体同じなのですが、
75日線や25日線が、はっきりとした向きという意味では、
陸運が典型的です。

陸運業種チャート20160701
陸運業種チャート20160701
(クリックすると大きくなります)

チャート上に、考えられる今後のシナリオまで書きました。
25日線からの下げが、月曜日になるかも知れません。
あるいは、もう少し上昇して、75日線が下げへの反転タイミング
になるのかも。

ここまで見たうえで、陸運の個別銘柄を探していけば、
東急(9005)、小田急(9007)、京王(9008)といった銘柄が、
見つかると思います。
個々に見ると、信用売り残の多さなどは気になるものもあるので、
そのまま売り仕掛け候補銘柄にするにはひと検討必要でしょう。
でも、まあ、こんな感じで、個別銘柄は絞っていけるわけです。

情報・通信では、NTT(9432)だったり、
建設では大林(1802)など、昨日挙げた銘柄も、
こうして、見つけることができるわけです。

実際のことを言えば、
前もって仕掛けようと思って準備していた銘柄を、
そのまま仕掛けていける確率は、そう多くはない印象です。
ひょんなことで目についた銘柄を仕掛けることの方が
案外に多いかもしれません。

ただ、きちんとした準備することは、キャリアのひとつです。
準備をしておいて相場に臨むことは常態化すべき基本動作です。

忘れがちな業種別。
見ておいて損はありません。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1633-5bf170c8
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック