損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/3 難しくはない
やりにくい相場というのは、トレンドが出ていない相場です。

トレードは、株価が上か下かに動いてこそ利益が出ます。
動かなければ利益が出ません。

また、動いてはいても、それが上だか下だかとりとめもなく、
あまりにも乱れた動きであれば、トレンドを読み取ることは
できません。

株価が動かない状況というのは、持合いです。
でも、乱れた動きの状況というのも持合いです。
いずれにしてもl、トレンドが出ている状態ではありません。
なので、どうしても仕掛けにくい相場になります。

さて、今の日経平均の相場ですが、
そういう意味では、下降の相場です。
はっきりとした下へのトレンドが出ているとの判断です。

ただ、大きく見ると下へのトレンドですが、
先週の日経平均株価の方向は上昇でした。
これは、下降トレンドの中の、上昇局面だと判断します。

さすれば、いずれは、局面は再び下降に変わり、
下降トレンドの中の下降局面になる、というシナリオが、
割と高い確率で描けるわけです。

私は、トレンドフォロー(順張り)を基本スタンスとしていますので、
トレードのチャンスというのは、
①上昇相場の中で下降局面から上昇局面へ変わるところ、
②下降相場の中で上昇局面から下降局面へ変わるところ、
と考えています。
そこが、最大の仕掛けのチャンスだと捉えています。

明日以降、今週の相場の中で、上の②の瞬間が来るのではないか
と考えてみているわけです。

今の日経平均、非常に教科書通りの動きになっています。
英国のニュースによって、大きくバランスを崩したかのような
印象がありますが、そんなことはありません。
チャートをしっかり見ていれば、決して例外的な動きではないことが
よくわかります。

だから、それほどやりにくい相場ではありません。
大きく動く可能性は見てとれますが、
それは、利益をとっていこうとする視点からは、
悪いことではなく、非常に好ましいことです。

スイングのチャンスは、そうそう数多くはありません。
見逃したくはありません。

頑張っていきます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1634-a8a8cb6b
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック